テーマ:東京

かっぱ橋道具街は平日稼働。

 こちとらその世界のプロの道具を扱ってるんで、週末に東京観光で来たご婦人相手にお土産を売ってるわけじゃねぇんですよ、ご近所の商店街とはわけが違いますぜ、旦那。  などという理屈があるのかどうか知りませぬが、休日のかっぱ橋道具街はお休みの店舗が多く、人通りも少ないのでした。  それでもこの道具街は、飯も食わずに6時間くらいは過ごせます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日食べたいみはしのしるこ

 このGW中、私に与えられた連休は2連休。  とはいえ、連休など皆無の方々も大勢いらっしゃいますから、そういった皆様のぶんまで、精一杯連休しなければなりますまい。  毎年のことですが、ヒトが浮かれているときに額に汗して働く人々は、とても眩しく見えるのです。  しかし私は浮かれます。浮かれて2連休を過ごさなければ。  2連休初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

商人の慎むべきは

 東京に出張でしたが、仕事はお昼過ぎからです。  いい機会なので、改装後はまだ行ったことのない銀座伊東屋でお昼まで過ごそうと思ったのです。  開店と同時に飛び込んだ伊東屋は、洒落たギャラリーのような店内になっていました。  ははぁ、老舗の文房具店ですからね、ただ売ろうってわけじゃなくて、文房具、いやさ、ステーショナリーに精通した店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去を嘆いても一寸先は常に未来

 東京出張です。  天気もいいので、JR有楽町駅から散歩をしながら仕事に向かいました。  ふと有楽町駅方面を振り返ると、鮮やかによみがえる若き日の愚かな思い出。  時は昭和63年9月、昭和天皇の御容態を案ずる一般人のお見舞い記帳が開始され、学生であった私も先輩とともに皇居坂下門へと記帳をするため向かったのです。  その頃の私ときた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みはしの冷やししるこ

 私の東京土産の定番は「みはし」上野本店の甘味。  大好物の「冷やししるこ」は当日中にお召し上がり下さいの品なので、自分用のお土産です。  お汁粉はお餅で食べたいところ、そこはそれ、白玉となるわけですが、これは冷やして食べたとき用の調合なのかと思わせる、何ともよい塩梅のあんこと汁加減なのです。  年齢とともに食の好みは変わるもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガード下食堂

 東京で同僚らと共通の用事があると、集合時間も集合場所も決めずにパラパラと集まるアメ横。  夕刻に合流したので、何か食べようってことで珍々軒へ。  レバニラ炒麺、餃子、生姜焼きライス、味の決め手はいつも変わらぬガード下の喧騒。 ふと見上げれば老朽化したパイプ。  現機能を維持しつつ大東京のインフラを更新していく人達、世の繁栄を人知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年は早めにアメ横へ

 毎年職場の同僚らとアメ横へ行くのですが、夏の炎天下を歩くのはチビシイのです。  ので、今年は少しでも早く行ってしまおうと、陽射しはアツいが日陰は涼しい、絶妙な初夏の週末にアメ横へ行ってまいりました。  東京なぞは徒党を組んで歩くものではなく、各々が好きなように歩くものでしょう。  そんな考え方の有志で行くので、現地集合してお昼を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京出張帰りにラーメンライスを食べる。

 出張で東京に行ってきました。  群馬でお世話になった方々ともお会いできて嬉しかったです。  とても大変な業務とお察しします、息抜きに群馬で一杯いかがでしょう。  手を焼きながらも心労を負いながらも私を育ててくれたのは両親だけではありませんね。  ただただ感謝です、このご恩は私の後続に還します。  仕事を終えると外はもう真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野 3:00

 ハタ、と目が覚めてみると何やら雰囲気が違う。  宿は通りに面していて、アメ横の喧騒が開け放った窓からそのままに飛び込んでくる臨場感満載の部屋なのですが、なんだか工事現場の音と、酔っぱらいたちの大声ばかりが聞こえて、背景の賑わいが聞こえない。  まだ頭がズキズキするのですが、とりあえず宿のお風呂に向かいました。  湯船は大きなステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野 18:00

 アメ横は若かりし頃から好きだったせいか、アメ横の中にいると妙に落ち着くのです。  落ち着きすぎて身体から緊張感が抜けてしまったようで、早くも飲み過ぎ的な頭痛が。  朝から歩きまわった疲れもあり、もう帰るのも面倒になってしまいました。  翌朝まで居られる場所はいっぱいあるけれど、せっかくだから旅行っぽい気分になれる宿をとって、早く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野 11:00

 集合時間11:00に集合場所西郷さんの前へ。  上野には頻繁に来ているけれども、久しぶりに西郷さんの銅像を見ました。  記憶の中の景色とはずいぶん違いますねぇ、上野のお山もすっかり綺麗に整備されてしまって。 全員揃ったところで、さっそくお昼を食べに行きました。  豪華なモノを食べようか、という趣旨で豪華なモノを知らぬ我らが選んだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野 9:30

 今年も職場の旅行で上野に行ってきました。  集合は西郷さんの前に11:00現地集合。  ので、早くに上野入りをして、それまでアメ横を散策です。  上野駅を降りてまだ静かなアメ横へ。 喫茶店「ギャラン」でモーニング、と思ったのですが、朝から激混みなのでスルー。  ここはどーにも昭和の高級喫茶のニオイが濃厚に漂う喫茶店なのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魂ある東京の菓子店は細部にも手を抜かず。

 東京のお土産をいただきました。  「ヒトツブカンロ」というお店の、「グミッシェル」というお菓子です。  グミをキャンデーでコーティングしたようなもので、パリパリのキャンデーとグニュグニュのグミの新食感が楽しい、とても美味しいお菓子でした。  中身も美味しいのですが、なにしろその箱に一目惚れです。 久々に「これは!」と思うパッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もアメ横

 過日、職場の旅行で昨年同様東京へ。  旅行といっても日帰りなのですが。  東京といっても上野界隈なのですが。  お昼前、上野駅に着くなり、アメ横の「肉の大山」へ。  開店と同時に突入し、豪華300gリブステーキを食べました。  肉の旨味って、やっぱし脂だよねーと思うのです。  どこかのお店で、脂身だけステーキってメニュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鋼鉄金庫

 日本橋は三井記念美術館の通路にあった金庫(書庫扉)。  厚さ25.4cm、重さ約8t、周囲は頑強なコンクリート壁、と、説明書きが添えられています。  この鉄の塊、この鉄の仕掛け。  その頑強で重厚な佇まいからは絶対の信頼と男のロマンを感じるのです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京に行ってきました後編

 一夜明けて日本橋。  三井本館、この建物はなんとも威厳があるのです。  東京ですなー。 都会ですなー。 すごいですなー。 せっかくだから三井記念美術館に立ち寄ったところ、「三井家のおひなさま」という催しをやっていました。  いやー、素晴らしい。  人形職人さん達の魂を感じます。  その輪郭、その表情、どれだけの執念を傾注すれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京に行ってきました前編

 月島でもんじゃ焼きが食べたい!  と誰かが言い出し、娘と私の風邪が心配だったけれど、一泊二日で東京に行ってきました。  今回は妻の引率にダラダラとくっついて歩く東京ぶらり。  最初は築地へ。  築地に限らず、メインの通りよりもちょっと裏の通りがいいかんじ。  市場は休みだけど、人はいっぱいいました。 妻が食べログか何かで見つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野のガード下

 東京に出張だったので、アメ横で一杯ひっかけるわけです。  ガード下あたり、なんとも落ち着くのです。  いつまでもこの雰囲気を残してほしいのです。  いつもお客様で賑わっている昭和37年創業の珍々軒も、いつまでもこの場所で頑張ってほしいのです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藪蕎麦(池の端)

 「藪蕎麦(池の端)」。  こちらの「藪蕎麦」はそれほど混むでもなく、子連れでも落ち着いて食べられます。  蕎麦が来るまでに、まずは蕎麦焼酎(クマザサ入りのそば湯割)を鴨抜きと板わさで。  どこの支店で食べても藪蕎麦のつくねは最高^^ その後出てきたのは、娘も思わず「このザルひっくり返しだよ?」と言ってしまう盛りつけの蕎麦。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Schwarzer Kater , findevier steffen-spiele

 「アトリエ ニキティキ」は、「ものを通じてそれを育てた国と文化を伝えてゆきたい」というイカスお店。  ヨーロッパの木製玩具を中心に販売している同店の商品は、子供よりも大人が夢中になることでしょう。  妻が「スピールフォーム」を求めて吉祥寺本店に行った際、同行した私は「シュテッフェン」というドイツメーカーのゲームに一目惚れして、「s…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more