アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「レジャー」のブログ記事

みんなの「レジャー」ブログ

タイトル 日 時
スウェディッシュトーチ、キャンプめし三昧、ハンモック泊
スウェディッシュトーチ、キャンプめし三昧、ハンモック泊 ボランティアの作業場には割りまくった薪も割れなかった薪も売るほどあります。 水場はないけれど、焚き火はいくらでもできるのです。 丸太を割る手を休め、チェーンソーでスウェーデントーチを作ってみました。 想像以上にカッチョいいものでした。 次回からの大人数キャンプでは必ず登場するものと思われます。火を手繰っていれば飽きずに過ごせるのですが、せっかく火があるのだから温かい食べ物を作ってキャンプめし三昧です。さて、一度やってみたかったハンモック泊をしてみました。 どうしたわけかテントで寝るより... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/12 18:47
りんむ部14+親子キャンプ
りんむ部14+親子キャンプ 寒くなってきました。 薪割りなどで汗をかいて休憩すると、たちまち身体が冷えてしまいます。 ボランティアで風邪などひかぬよう、仲間と休憩所を設営しました。 常設にしますので、ご近所の皆様にもご利用いただければ幸いです。せっかくなので、寒さも柔らかく月明かりの眩しい無風のキャンプ日和に、この作業場に長男を連れて親子キャンプをしてきました。 長男には小学生の頃から野営術を身に付けさせる予定だったのですが、野球など始めやがったので計画が台無しです。 中学生ともなれば野営で身に付ける知恵と工夫は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/24 17:51
薪割り斧
薪割り斧 ボランティアの作業場で専ら薪割り作業に参加している仲間が、グレンスフォシュというスウェーデンメーカーの高級斧を使い始めました。 丸太を叩き割れればどんな斧でも同じというものではないのですが、値段で斧の良し悪しが決まるものでもない、と思っていたのです。 何故ならば、私の使っているフィスカースというフィンランドメーカーの斧(12,000円前後)と、仲間の使っているアストロプロダクツの斧(3,900円)は、使い勝手も破壊力も同じようなものでしたから。 しかしグレンスフォシュの斧は、見ただけで鉄の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/24 17:44
りんむ部13
りんむ部13 13はサーティーンと読む。 男の子はね。 今日は長男と二人でボランティアしてきました。 たまには親子で汗を流すのもいいですね。 大事なものは子どもに奪われるのが人の世の常。 高校の時から使っていたナイフ、ジャングルキング II。 復刻版ではありませんぜ。 スペインのAITOR(アイトール)社は既に廃業していますが、世界中の軍隊に高品質なナイフを納品していたメーカー。 高校生の私が入手したのだから、そんなに高いものではなかったのでしょうが、鞘にもグリップ内にもサバイバルツールが満載... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/24 17:08
あけぼのコーヒーに勝るコーヒーはない(異論は認める)
あけぼのコーヒーに勝るコーヒーはない(異論は認める) キャンプシーズン到来です。 虫がいない、焚き火が暖かい、気持ちよく眠れる。 しかしキャンプブームのせいなのか、以前と違って人がいる。 人がいないのもこのシーズンならではの良さだったのですが。 いつものキャンプ場には、火を熾こすのも儘ならない若者やオジサンたちが、どうしたわけかここ数年でいっぱい来るようになってしまったのです。 それがまたどうしたわけか雑誌でしか見たことのないようなカッチョいいテントやその他装備を使用しているのです。 妬ましい。 さて、我らはそんなキャンプ場を見限り、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/18 12:42
第32回RC航空ページェント
第32回RC航空ページェント 中島飛行機(現SUBARU株式会社)の創業者中島和久平が構想した「Z飛行機計画」に端を発し、米国本土を火の海にするため開発されていたという幻の大型爆撃機「富嶽」! 悠々と勇ましく大空を舞うその勇姿を観ることができるのは、飛行機王生誕の地である太田市ならでは。 ならでは、というわけではないでしょうが、巨体が飛び立つ様はなかなかのものです。 エンジンを6基も積んで大勢の観客の前で飛ばすオペレーターと整備士は、その世界でも屈指の技術を保有するものと思われます。今年も盛大に催されたラジコン航空ペー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/04 20:39
りんむ部12
りんむ部12 我らがこれから入る作業場に、まずは薪置き場を作りました。 その場で入手できた廃物を利用した即興作りです。 この作業場の木を薪にしていくと、たちまち薪置き場が足りなくなりそうです。仲間の薪割り技術の向上がスゴイ。 薪割りするにはちょっと長すぎないか?という尺の薪をひと降りで真っ二つにしたかと思えば 、それはいくらなんでも斧で割るのは無理だろうという丸太に、怯むことなく渾身の一撃を叩きつけるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/23 20:23
りんむ部11
りんむ部11 今年の春先から頑張っていた河川敷抜開作業のボランティア。 我らの作業エリアはひとまず終了です。 大量の薪ができたのですが、誰か持っていってくれないものか。次回からは、ボランティアの諸先輩方が取り組もうとしているエリアで共同作業です。 なかなか、やりがいのありそうな場所です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/08 00:04
りんむ部10
りんむ部10 ボランティアの諸先輩方からBBQのお誘いを受けました。 場所は諸先輩方が入っている抜開エリア。 我らの野営料理も召し上がっていただこうと、鍋やダッチオーブンを持ち込んでみました。 この日はIさんがご子息のkくんを連れての参加でした。 kくんは私の林業の師匠Sさんの奥様と一緒に巨大な鉄板で料理を作っていましたが、おばあちゃんと孫が野外料理をしているかのような姿にほっこりします。楽しくBBQを催し諸先輩方がお帰りになった後は、そのままキャンプに移行です。 男の子が身につけておくべき野営技術... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/19 23:00
りんむ部9
りんむ部9 3週間も手を入れないでいると、驚くほどに草が成長しています。 草木の生命力はホントにすごいや。 ボランティアの諸先輩方が「夏場は草の成長との闘い」と言っておられましたが、草の成長にはとても敵いません。 ↓↓草刈り前↓↓↓↓草刈り後↓↓↓↓↓草刈り前↓↓↓↓↓↓草刈り後↓↓↓そして今日が念願のボランティア用pcx125サイドカーのデビュー。 ズッシリ積み込んだ荷物の重みはサイドカーの挙動を安定させます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/18 19:36
湖畔キャンプ
湖畔キャンプ 火星の大接近を天体望遠鏡で見てみよう。 ということで、赤城山の大沼でキャンプです。 ここでのキャンプは25年ぶり。 当時はヒトなどいなかったのですが、今では人気のキャンプサイトなのだそう。 平日でもテントがあちこちに張られていました。 自分の寝床を設営して、仲間が集まるまでひと眠りです。 涼しい風と波の音、この上ない癒し系休息環境。同僚が天体望遠鏡を持ってきました。 これで火星の表面が見えることは期待しておりませんが、肉眼よりはよく見えるだろうと思うのです。 今回は仲間たちに炊事... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/01 23:59
りんむ部8
りんむ部8 充実してきた道具類。 消耗した道具もありますが、私どもの技術の向上によりこれら道具の寿命もいくらか延びるでしょう。酷暑の抜開作業。 木陰地帯と木陰地帯を繋ぐ通路を作るため、篠やら蔦やらなにやらを刈り払っていくのですが、身の丈ほどになった草木に覆われて倒木や切り株が見えないため、いきなり草刈り機で刈りだすのはコワイのです。 まずはマチェットや鎌などでジャングルに突入して足場の視認性を確保し、チェーンソーで倒木や切り株を撤去、そして草刈り機で刈り進む。 木陰のない灼熱地獄は一瞬で汗を噴出させ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/22 14:29
pcx125サイドカー
pcx125サイドカー pcxの積載力を向上させてボランティア作業場への足にするため、サイドカーに改造する計画を立てて概ね半年。 ようやく完成となりました。 これでチェーンソーや斧、その他必要な道具を汚れも気にせず積み込んで作業場に向かえます。 キャンプへ行くにもソロであれば十分な積載力なので、冬が楽しみです。せっかくのpcx125ですが、側車を取り付けると軽二輪の登録になります。 二種原付から軽二輪になるわけですから、保険料が跳ね上がります。 車体はそのままですから側車の重量だけ走行性能も燃費も落ちます。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/22 13:12
怪奇ヒル地獄
怪奇ヒル地獄 次回の登山に備えて少し山歩きになれておこうと思ったのです。 ド素人によるソロですから、登山道ではなくハイキングコースを歩いたのです。 ハイキングと登山の違いがわからないけれども、ハイキングコースといえば気軽に歩けそうな気がしていたのです。 群馬県みなかみ町の、雨の大峰山。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/08 16:54
山カフェ
山カフェ 長野県南佐久郡小海町と茅野市の境界あたりに位置する山に、仲間たちと登山してきました。 白駒池ーにゅうー中山ー白駒池というコース。 ド素人のうえ運動不足で、加齢に伴う各種症状が発症している私には十分にキツイ行程でした。 天気予報では雨のはずが終日良い天気に恵まれました。 雨が降ったら白駒池の周りをぐるっと歩くだけにする予定だったので、タープをはじめ簡易キャンプができるくらいの道具をリュックに詰め込み、小学生1人ぶんくらいの重量となった荷物を背負っての登山となってしまいました。 日頃の運動... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/19 22:32
りんむ部7
りんむ部7 倒木の撤去で大変なのは、やはり根元の処理。 人力で開拓した昔のヒトたちは偉いものです。 根元処理職人のKくんは、子供たちが安全に遊べるように今日も汗を流し続ける。週イチの伐開作業では草木の成長に追いつけない。 これから秋までが正念場だろうか。作業場の草木は勢いを増しているけれど、我らの道具は疲弊ぎみ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/16 15:46
りんむ部6
りんむ部6 もう重労働には危険な暑さになってきました。 日陰をつくって熱中症対策です。今回はH先輩が薪を車に積めるだけ持ち帰ってくれましたが、作業場にはまだまだ積んであります。 ヒミツの野営地に運べないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/02 20:58
りんむ部5
りんむ部5 倒木の撤去をしつつ薪割りをしています。 玉切りした丸太ひとつを斧で叩いただけでも、ホームセンターやアウトドアショップなどで700円〜900円で売っている薪よりもボリュームがあります。↑写真は作業しているエリアに転がっている薪のほんの一部ですが、薪を作るばかりで消費しないため、だいぶ増えてしまいました。 ので、少し持ち帰りました。 少しのつもりでも、ワイルドワンで買えば20,000円は下るまい。 役得というもの。 持ち帰ったけれども、薪を庭に転がしておいても蟻の城となるばかりなので、薪置... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/27 16:25
秘密基地は男のロマン
秘密基地は男のロマン 人と虫がいないから冬にキャンプをしていたのですが、いつもの野営地には冬でも大勢の人が来るようになりました。 春以降はもう、人がいっぱいで行く気にならない。 ところが、ボランティアを通じて知り合った方から、ヒミツの野営地を紹介していただいたのです。 さっそく仲間とタープを設営したところ、絵に描いたような秘密基地になりました。好き放題にピザを焼いたりしながら過ごすキャンプですが、秘密基地感が強くて何をやっても3割増で楽しい。 トシをとっても秘密基地は男のロマンです。周囲が暗くなると我らの秘密... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/05/05 21:20
りんむ部4
りんむ部4 ボランティアでやっていた作業も、仲間が増えてくるとサークル活動のようになってきます。 個人の自由意志で作業をすることに意義があるので、作業に参加しなくてはいけない的な雰囲気にはしたくないのですが。 しかし、やはり人数が多ければ伐開作業は驚くほどのスピードで進みます。 玉切りをしているそばから薪割り作業が始まり、複数人で歩きまわることによっていつの間にか地ならしが進み、足の踏み場もなかったエリアがたちまちのうちに開けていきます。さて、ついにこの作業場にも快適休憩グッズを持ち込んでしまいました... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/02 20:19
りんむ部3
りんむ部3 キャンプ仲間の同僚らが参加しての作業。 この仲間たちがいると何をやっても楽しく心強い。 ヒトにとって人生の宝とはそういうことなのでしょう。 何よりも大切なものです。ありがたや。 玉切りしたままの丸太を、トレーニングを兼ねて薪割りしてくれました。 薪割りは楽しいのですが、加齢とともにキツくなっていく。 なれると全身の筋肉を連動させて割るようになるため、全身を鍛えるのに効果的な気がしますが、それよりも中途半端に食い込んだ斧を抜き、割った薪を拾い、叩きやすく立て…斧を振るよりその他の動作が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/14 22:36
夜桜
夜桜 日本人の霊魂を吸う桜の花は、夜になると妖しさを増します。 同僚らと仕事帰りに桜の木の下へ。 雪のように音を奪う異界の美しさの恐怖に憑かれ、この世とあの世の狭間に魂を鎮めてきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/01 22:39
りんむ部2
りんむ部2 過日、異動していく同僚らからプレゼントをいただきました。 いずれも私が以前から欲しがっていたモノです。 餞別は残る者が出ていく者に贈るものなのですが。 世話になっていたのは私のほうなのですが。 トランギアストームクッカーSとハスクバーナーのねじれクサビ、どちらも高価なモノです。 まだ退職しないのだけどいいのかな。 嬉しいときは喜び笑い、泣くものではないと思っていましたが、油断したら目頭が熱くなるところでした。自慢すべきアイテムをいただいたところで、ますますボランティアに励まねば。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/27 20:47
りんむ部
りんむ部 県職をご勇退なさったSさんは、ボランティアで利根川の河川敷を整備しておられます。 3mくらいになる篠が見渡す限り生い茂り川も見えない有り様だったのを、ひたすら刈り続け、枯木を切り倒し、末は遊歩道や子ども達の遊び場を作ろうとしておられます。 もちろん、然るべき許可は得ています。そんな話を人伝に聞き、最初は薪が欲しくて作業現場へ行ってみたのですが、社会貢献性の高さと見返りを求めない潔さに感銘を受け、微力ながらお手伝いをさせていただくことにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/11 20:36
無風キャンプ。憧れのハンモック。
無風キャンプ。憧れのハンモック。 風のない週末にキャンプ。 仲間とキャンプをするときは、暗くなるといつも強風に泣かされるのですが、今回は朝までほぼ無風の快適な野営地でした。まずは自分だけの空間を設営して一人でまったり。毎度早く来てあとから来る仲間たちのために料理を準備するKくんは、やはりこの日も早く来た。 そしてやはり仲間のために料理にとりかかる。Hくんが大量に持ってきた薪を程よい長さに切り揃え、気持ちの良い汗を流しました。 無風、潤沢な薪。 これはイイ、なんと贅沢なキャンプだろう。この日は家族参加もありましたが、Kくん... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/23 22:47
トランギア×すき焼き
トランギア×すき焼き  陽射しの暖かい土曜日だったので、長女と家キャンプ。  トランギアのストームクッカーですき焼き。 シメは、鍋焼き風おっきりこみ。 夜の部はストームクッカー×おでん。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/02 23:38
いつでもキャンプ
いつでもキャンプ  家に帰ればいつでもキャンプ。  ペグとロープで固定したものの、赤城おろしのからっ風に耐え抜くだろうか。  この冬を越せるだろうか。 灯りはアヤシイ中国製ランタンに和ろうそくを合わせたもの。  夜になるとなかなかイイ雰囲気を演出する洒落モノ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/29 17:16
鰻を食べて紅葉狩り
鰻を食べて紅葉狩り  なんとも優雅な休日ではありませんか。  過日、家族とともに桐生市、みどり市方面へ出かけました。  桐生市では「赤松」という焼き鳥の評判が上々のうなぎ屋に寄りまして、ランチのうな丼をいただきました。  甘っちょろいタレではなく、私好みのうな丼でした。  年に一度くらいはうなぎ屋で鰻を食べないと、うなぎの蒲焼きの形や匂いや味を忘れてしまいますからね。  うなぎ屋にあっても長女はぶた重、長男はとり重を注文。  私の血統であることを感じるチョイス。 そしてみどり市の誇る観光名所(?)高津戸... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/12 14:52
スクーターでキャンプ
スクーターでキャンプ  陽気の良い休日、スクーターでキャンプしてみました。  大量の快適装備は搬送できませんが、少ない道具でのキャンプは原点回帰という気分でむしろワクワクするのです。 とはいえ今となっては、がさばっても妥協するわけにはいかない荷物もあります。  (※がさばる=体積が大きくて場所をとる。群馬の方言かもしれません。嵩張る(かさばる)が正しい?)  灯油ランタン、ファイアーケトル、焚き火台の3点セットと、テキトーな各種調味料が私にとってのそれです。 一人でいても何もすることはありませんから、暗くなって... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/05 00:31
雨キャンプ
雨キャンプ  寒くなってきました。  ようやくキャンプシーズン到来です。  同僚とキャンプをするときは、自由に集まり自由に過ごし、自由に帰ることを大事にしています。一応。  開催日だけ決めて、テキトーに声掛けして、時間も持ち物も決めず、誰が来るかも確認せず、その日にキャンプをしようと思った勇者だけが、それぞれの都合のいい時間にテキトーな荷物を持参します。  無計画と自由はテキトーな枠の中で融合しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/31 17:53
娘とキャンプ
娘とキャンプ  日中はまだ蚊に襲撃される9月の穏やかな休日、同僚らと野営地にしている雑木林で、長女とキャンプを楽しみました。  夜になると涼しく蚊もおとなしくなる日でした。  ほとんど使っていなかったダンロップのウィングタープを張って、25年ぶりに干しました。 この日は包丁を使わずに簡単料理をしてみようというテーマで、最寄りのスーパーで思いつくままに食材を集め、洋風な食べ物を作りました。  出来上がったのは豆と鶏のトマト煮といった感じの食べ物でした。  肉も野菜も、包丁要らず。  トランギアのストーム... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/21 15:47
テントコット
テントコット  3年くらい前にワイルドワンで見かけて、買おうか買うまいか迷っているうちに売り切れてしまったテントコット。  過日ワイルドワンで売っているのを見かけ、即買いです。  メーカーはQualz(クオルツ)、良い製品を手頃な価格で提供しています。  テントコットは、テントとコットが合体したそのままのモノです。 ◎ 設置場所(地面)を選ばない。 ◎ 広げるだけで瞬間設営。 ◎ コットだけに寝心地が非常に良い。 ◎ ランタンなどを吊り下げるラインと収納袋を室内に完備。 ◎ 四面メッシュ付きで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/13 19:11
ストームクッカーvs.B6君
ストームクッカーvs.B6君  私のストームクッカーと娘のB6君の、ステーキ焼き対決!!  近所のスーパーで値引きになったステーキ肉を、お互いの自慢の道具を使って、どちらが美味しく焼けるものか対決しました。  私のストームクッカーは老舗トランギアの誇るロングセラー商品で、娘のB6君は新進気鋭の笑'sが誇る大ヒット商品。  B6君は「コンパクト焚き火グリル」というカテゴリーらしいですが、今日は炭火で勝負。  アルコールバーナーと炭火の対決、か? 焼き時間ではストームクッカーに軍配があがりました。  まあ、B6君は焼き... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/13 18:36
夏休み家キャンプ
夏休み家キャンプ  子どもたちは夏休みです。  夏はキャンプのオフシーズンと思っているものの、しかし子どもたちにはアウトドアなイベントを体験してほしい。  ので、例によって家キャンプなのですが、今回はちょっといつもと違うのです。  実家の物置で発見した家型テント。  30年ほど前にディスカウントスーパーのタイムセールで購入した、推定5,000円くらいの家型テントです。  これを夏休み期間中、ずっと庭に張っておくのです。  子どもたちはここで夏休み的非日常を楽しむのです。  私は家に帰ればここでプチ野... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/26 23:03
簡易ピザ焼き窯
簡易ピザ焼き窯  今年のカインズホームはキャンプ系アウトドアグッズが充実しています。  日曜日、長女とカインズホームで尾上製作所「コンパクトピザオーブン」2,980円を買ってきました。  この夏は庭にピザ窯を自作しようと思っていたのですが、あまりに安かったので、つい。  一般的なバーベキューコンロに載せて使うシンプル構造です。  取説には熱による変形防止のため300度以上にはしないよう書いてありましたが、石窯などではもっと高温にするようです。  きっとその温度差はピザの出来具合に大きく影響するのでしょ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/25 23:07
時計ストーブ
時計ストーブ  かれこれ15年は使い込んでいる時計ストーブ。  庭キャンプ道具の主役です。  使い始めの頃は風雨を避けて保管していたのですが、いまでは庭の隅っこで軒下保管です。  すっかり錆びついていますが、使い勝手は変わりません。  時計ストーブを使っていると、自分の思い描くキャンプスタイルはこんなかんじかなと、ふわっとしたイメージが湧くのですが、未だに野営地に時計ストーブを持って行ったことはないのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/20 23:27
野営カフェ
野営カフェ  いつもの野営地で、日帰り野外炊爨です。  この日のメンバーにはコーヒー通のOくんがいて、彼は厳選した豆をその場で挽き、こだわりのドリップコーヒーを振る舞ってくれました。  ジャズは流れないけれども、安物のステンレスマグカップで啜るコーヒーだけれども、野営カフェは極上の居心地。 料理は相変わらず手間のかからない豚の角煮と汁物がメイン。  もちろん定番のマシュマロ焼き、直火トーストにフランクフルト、ジャガイモやタマネギのホイル焼き等々も。  持ち寄った食材にはタケノコやホタテなど、あまり野... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/16 20:48
庭の消毒と家キャンプ
庭の消毒と家キャンプ  今年の大型連休は4/29(土)から始まった人が多いらしい。  が、その日は朝から仕事があり、仕事が終わって帰宅したのは翌日のお昼前。  帰宅後に庭を眺めますと、すっかりと葉をつけ花を咲かせた草木が初夏のようなそよ風に揺れているではありませんか。  これから虫もでてくるなー、と思い、昨年購入した高性能電動噴霧器「ガーデンスプレーヤーMS-252RT25」を出動させ庭の消毒をしました。  今年は虫から庭の草花を守ってあげたいと思う親心(?)。  でもまてよ、はたして虫の近寄らない庭は健全... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/04 20:05
玉村の桜
玉村の桜  玉村町に流れる滝川沿いに、桜が整然と並んでいます。  今日は、目が覚めた瞬間からひどい頭痛で、どうも花見という気分にはなれなかったけど、来週くらいまで咲いているだろうか。  桜は、満開なのがそれこそ華なのですが、花が散っても、若々しい緑の葉桜もよいものです。  あわてずに季節を楽しもうかと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/09 19:23
激安ウッドストーブ
激安ウッドストーブ  「Motomo キャンプ ウッド 薪 ストーブ キャンプファイヤー」とAmazonのページに書いてあったけど、商品名はどの部分なのかわからない、1,670円の中国製激安ソロストーブ。  100件を超えるレビューをみると、なかなか評判が良さそうなので、試しにカートに入れてみました。  手にしてみると、どーもキャンプ用品屋に置いてある高価なモノと変わりないように思えるけど、使ってみなくちゃわかりません。  ので、Amazonのレビューを参考に灰受けをセットして、仕事帰りに試してみました。 A... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/09 19:10
冬キャンプ人口が増えている
冬キャンプ人口が増えている  久々に冬キャンプをしてみると、キャンプ人口が増えていることに気付きました。  そして、我らが野営地にしている場所が何気に有名になっていることを知りました。  人がいないのが魅力の冬キャンプなのに、残念です。  とはいえ、虫もいないし暑くもないこの季節は、キャンプに最適であることに変わりはないのです。  お昼前は風が強くテントの設営も大変な天候で、こんな日に集まる奴がいるのだろうか?と思っていたのですが、お昼を過ぎると風が穏やかなキャンプ日和になりました。  ちらほら集まった仲間と共に... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/19 22:41
PCXタンデムダート走行と水切り
PCXタンデムダート走行と水切り  今日は休日。  腹を下して少年野球を休んだ長男の回復を待って、たまには二人でタンデムツーリングです。  マウンテンバイクを買うために貯金を始めた長男のリクエストはダートコース。  スクーターで、しかも二人乗りでどうだろうかとも思ったのですが、利根川河川敷の未舗装路は、探検気分で楽しく走れました。 ひとしきり走って川に着きますと、男の子は何故か水面に向かって石を投げるのです。  遠くへ投げるのか、水切りをやるのか、或いは近くに叩きつけて水しぶきを楽しむのか、これは子どもが小さい頃に父親が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/05 22:55
尾島RC航空ページェント
尾島RC航空ページェント  第30回RC航空ページェントに行ってきました。  場所は太田市尾島RCスカイポート。  利根川河川敷にある大型のラジコン用飛行場です。  駐車場所から歩くのを面倒くさがってスクーターで行ったものだから、ずらーーーっと連なるラジコン屋のテナントをみてガックリ。  私のスクーターに積める荷物はほんのちょっとです。 今日は天気も良く、たいへん賑わっていました。 この大会はその世界では有名なイベントで、その世界では有名なパイロットや、その世界では有名なエンジニア、その世界では有名なモノが集まり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/03 20:37
不便を楽しむ心がキャンプに駆りたてる。
不便を楽しむ心がキャンプに駆りたてる。  今回のキャンプも、Kくんが一番乗り。  ご自慢のキッチンがセットされたやや大きめのヘキサタープは、そこに住んでいるかのような生活感。 Kくんは数々のおつまみを調理し、遅れてくる連中がすぐに食べられるように準備しています。  いい男ですナー。 私はダッチオーブンに材料を放り込んで火にかけておくだけの豚角煮を一品だけ。  ものぐさですナー。 しばらくすると同僚らが集まりだして、テントの数が増えていきます。 やがて日が暮れ、いつものようにおだやかな時間が流れるのです。 いやいや、いつもどおりで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/07 21:55
人が集まるとキャンプ道具が充実する。
人が集まるとキャンプ道具が充実する。  同僚らと週末キャンプ。  仕事帰りではないので、明るいうちからパラパラと集まり、野営地の設営です。  人が集まると道具も揃うもので、集まった道具を見るだけでも楽しいのです。  キャンプ用品店では品物を見て触るだけですが、そこでは使い勝手がわかるので「次はアレを揃えよう」なんて気にもなったりします。  自慢のキッチンでカレーを作り出すKくん。キャンプといえばカレー、と昭和男は思うのですが、キャンプ場でカレーを作る人の姿を見たのはおそらく初めて。  彼の作ったおつまみでイッパイやりながら... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/08 15:39
白石で琴を奏でる
白石で琴を奏でる  宮城県の南、蔵王連峰のふもとに位置する白石市。  娘と二人でドライブがてら、埼玉県で仕事をしていたときの上司のご自宅を訪ねてきました。 白石駅の隣で宿をとり、心温まるおもてなしを賜っておりますと、中学生になって箏曲部に入った娘が、奥様からお琴のレッスンを受けていました。 琴の音はいいものですね、我が家でも奏でてもらいたいものです。  ちょっとすぐには手のでない値段のようですが。  上司も奥様も、極めて素晴らしい人物であり、心から尊敬しておりますが、それゆえにテキトーに生きている私は、あま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/08 14:18
アルコールバーナー調理台を作ってみた。
アルコールバーナー調理台を作ってみた。  トランギアのアルコールバーナー。 アルコールランプと違って、強力に炎をあげるタフなアイテムです。  シンプルにできているので、長年手入れをせずに放置しても、何ら問題なく機能します。  音も臭いもなく、必要十分な火力が得られ、燃料は安く、手入れも無用。  煤がつかないので、道具をキレイに使えるのも魅力ですね。  トランギアは、1925年にスウェーデンで家庭用クックウェアのメーカーとしてスタートしたそうですが、今ではキャンプ用品の老舗メーカーとして有名です。  同社には「ストームクッカー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/24 18:17
雪の中でプチ焚き火
雪の中でプチ焚き火  雪が溶けずに積もっていた庭で、子ども達とプチ焚き火です。 一度も使わずにいたカインズホームで買った火おこし器。  今となっては何故買ったのかも謎ですが、ハタ、と思いついたのです。  火をおこす過程で、炭火の高熱にすら耐えるこの筒は、焚き火台として利用できるのではあるまいか。  火おこし器というだけあって燃焼効率が抜群だろうから、焚き火をすればあっという間に薪が燃え尽きてしまうと思い、子ども達と落ちている小枝を大量に集めました。  はたして火を入れてみると、これが予想以上によく燃えること... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/24 16:53
冬キャンプ
冬キャンプ  冬キャンプ。  蚊がいない、その他の虫もいない、人もいない。  寒いから寝袋が気持ちいい。  満天の星空。  焚き火と熱燗で暖をとるのはこの季節が最高^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/11 22:49
仕事帰りキャンプ
仕事帰りキャンプ  同僚らと一泊キャンプに行ってきました。  仕事帰りの時間なので、河川敷にほど近い野営場所は真っ暗です。  ランタンの灯りでタープやテントを設営し、焚き火を始めますと、なんだかもうご飯の用意も面倒な気分に。  しばし薪に火が移るのを眺めているわけですが、盛大に燃え上がる炎よりも、うっかりすると消えてしまいそうな頼りない火のほうが、ヒトを優しい気持ちにさせるのです。 まだ若い焚き火をみていると、「じゃあ、やるか」という気分になってきたので、ジャガイモと庭で摘んできたハーブを洗い、ナイフを閃か... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/15 22:31
二種原付ツーリング
 職場の同僚らと、二種原付でツーリングです。  目的地は山梨県甲府市。  群馬から秩父を抜けて、片道130キロほどの日帰りツアーです。  高速道路は使わないので、大型バイクで行っても125ccスクーターで行っても、旅行時間に差異はありません。  燃料代は1,000円でおつりがきます。  峠道などは、あり余るパワーをセーブしながら走る大排気量バイクよりも、微力なパワーをスロットル全開で絞り出しながら走る125ccスクーターのほうが走っていて楽しいです。  はて、ツーリングなんて二種原付... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/10 12:40
家キャンプ3
 異常気象により大変な水害に見舞われた栃木は群馬の隣接県。  その文化風習は、関東圏外の方々から混同されがち。  東京都民に「群馬は南東北じゃないんですか」と真顔で言われたのは少々ショックでしたが、北関東に位置する栃木も群馬も、そんなフワッとした存在なのでしょう。  ああ、群馬は知名度ワースト1位だった実績がありますからね、日光東照宮のある栃木様と同格扱いは失礼にあたりますかね・・・でも日光東照宮は群馬にあると思ってる人も多いのですよ。  さて、そんな手と手をとりあうべき栃木県の災難にあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/22 15:14
今年は早めにアメ横へ
 毎年職場の同僚らとアメ横へ行くのですが、夏の炎天下を歩くのはチビシイのです。  ので、今年は少しでも早く行ってしまおうと、陽射しはアツいが日陰は涼しい、絶妙な初夏の週末にアメ横へ行ってまいりました。  東京なぞは徒党を組んで歩くものではなく、各々が好きなように歩くものでしょう。  そんな考え方の有志で行くので、現地集合してお昼を食べれば、あとは上野秋葉原界隈をそれぞれに散策なのです。  そんなことなら団体で行く必要はなかろうというとそうでもなく、同じ刻に同じ東京の空の下でそれぞれの行動... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/29 18:52
娘とお散歩。
 日曜日、運動不足の父娘で、お散歩に出掛けました。  我が家から片道90分ほどの道程を歩いてまいりました。  まだ行ったことのない玉村の道の駅を目指しました。  ハテなー、玉村の物産って何だろう、ロールケーキかなー?たまむら豆腐かなー?と、気になってはいたのです。  今年(H27)5/31にオープンした「道の駅玉村宿」。  群馬の誇る東毛広域幹線道路沿い、関越自動車道の高崎玉村スマートIC上り線ランプにくっついて建っています。  あからさまな集客目的の立地は、しかし浅はかにスマートI... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/18 20:30
上野 3:00
 ハタ、と目が覚めてみると何やら雰囲気が違う。  宿は通りに面していて、アメ横の喧騒が開け放った窓からそのままに飛び込んでくる臨場感満載の部屋なのですが、なんだか工事現場の音と、酔っぱらいたちの大声ばかりが聞こえて、背景の賑わいが聞こえない。  まだ頭がズキズキするのですが、とりあえず宿のお風呂に向かいました。  湯船は大きなステンレス製、洗い場は二人ぶん、といったお風呂です。  身体を洗って湯船に浸かると、これがもう、熱いのなんのって。  くは〜、思わず嬉しい溜め息がこぼれます。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/21 22:28
上野 18:00
 アメ横は若かりし頃から好きだったせいか、アメ横の中にいると妙に落ち着くのです。  落ち着きすぎて身体から緊張感が抜けてしまったようで、早くも飲み過ぎ的な頭痛が。  朝から歩きまわった疲れもあり、もう帰るのも面倒になってしまいました。  翌朝まで居られる場所はいっぱいあるけれど、せっかくだから旅行っぽい気分になれる宿をとって、早く横になりたい。  よろよろ歩いていますと、ホテル「きぬや本館」が目に映り、さっそくチェックインです。  昔ながらのビジネス旅館といった趣のホテルです。  カ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/21 19:54
上野 11:00
 集合時間11:00に集合場所西郷さんの前へ。  上野には頻繁に来ているけれども、久しぶりに西郷さんの銅像を見ました。  記憶の中の景色とはずいぶん違いますねぇ、上野のお山もすっかり綺麗に整備されてしまって。 全員揃ったところで、さっそくお昼を食べに行きました。  豪華なモノを食べようか、という趣旨で豪華なモノを知らぬ我らが選んだのは鰻割烹「伊豆栄」本店。  決して選択ミスではないと思うのですが。  「大統領」での休憩がすぎたようで、何階に通されたものか記憶にないのですが、窓から不忍池... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/21 19:05
上野 9:30
 今年も職場の旅行で上野に行ってきました。  集合は西郷さんの前に11:00現地集合。  ので、早くに上野入りをして、それまでアメ横を散策です。  上野駅を降りてまだ静かなアメ横へ。 喫茶店「ギャラン」でモーニング、と思ったのですが、朝から激混みなのでスルー。  ここはどーにも昭和の高級喫茶のニオイが濃厚に漂う喫茶店なのです。  学生の頃、叔母にここでコーヒーをご馳走していただきました。 アメ横通り北の入口。  上野ガード下は、朝から飲んだくれてるお父さん達のイメージが強かったのです... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/20 23:27
今日はイナダが安かった。
 娘とベイシアフードセンターを散歩していると、イナダがサク2本380円で売られてました。  お、安いね、イナダはこの時期、いやってほど釣れるからね−、なんてブツブツ言いながら買ってきました。  マグロの目玉も200円。  マグロの首から先は、どこもかしこも極上の美味なのに、捨てるように安い。  そんなわけでこれも買ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/24 22:08
家キャンプ2
 暑い日が続きます。  しかし夜の屋外はまだ涼しく快適です。  そんなわけで、夜になってから長男と家キャンプをすることになりました。  キャンプといっても庭にテントを張って寝袋で寝るだけです。  使ったテントは、20年近く前に量販店の特売で買った大きなドーム型テント。  当時は1〜4人でのキャンプが多く、場所をとる大型のテントはもてあまし気味、というか一度しか使ったことがありませんでした。  カビが生えてるかもしれないし、翌日庭に放置すれば日光消毒になるかな?と思い張ってみたのです。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/01 18:41
家キャンプ
 なんだか春っぽい陽気だったので、庭にテントを張ってみました。  昨年、ジョイフルホンダで安売りしていたロゴスのとんがりテント。  とんがりテントには、スナフキンのイメージがあり、男のロマンを感じるのです。  初めてのとんがりテントでしたが、設営がとても楽ちんでした。  室内のセンターポールは邪魔なのでは?と思っていたけれども、ポールが間仕切りのような効果を果たし、今まで使ったどのテントよりも家っぽいと感じました。 若かりし頃は一人でもキャンプに行っていたのです。  ランタンの灯りに煙... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/16 21:04
四国の食べ物はどれも美味しかった
 9月の連休前半戦は仕事三昧でしたが、後半戦は四国に行ってきました。  私にとって四国は、昭和61年、ホンダ・シティターボに男四人ギュウギュウ詰めで行った思い出の地です。  関東圏の道路マップ、財布の中の僅かなお金、2泊くらいはできるだろう程度の着替え、銭湯に携行していた風呂桶、当時売り出し中のプリプリのカセットを装備して、自らの体力と方向感覚と安宿探しの手腕を信じ、颯爽と向かった青春の地なのです。  「そうだ、四国行こう」的な思いつきで行った気がするけど、そういうのが楽しかったな。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/01 21:30
BBQ
 職場の同僚らとバーベキュー。  ちびっ子も参加なので、本当は火熾しから調理まで、いろいろと体験させてあげたいのですが。  それはやっぱしキャンプでなくちゃ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/14 20:55
今年もアメ横
 過日、職場の旅行で昨年同様東京へ。  旅行といっても日帰りなのですが。  東京といっても上野界隈なのですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/14 20:02
そして男の子は優しさを知る
 過日、長男が学校へ持っていくために捕獲した、卵を抱えた沢蟹。  長男は沢蟹の生態を図鑑やネットで調べ、砂や植物や岩陰などの環境を作り、数日飼っていました。  しばらくするとカニの姿が見えないので、てっきり学校へ持っていったのかと思っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/09 16:00
男の子は自らの狩猟体験で命の重さを知る。
 ザリガニを捕りたいと長男。  小学校の観察の授業?で必要なので、何か生き物を捕獲して学校へ持っていくとのこと。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/15 18:08
鎌先温泉 湯主一條
 埼玉県で働いていたときの上司が数年前に定年を迎え、ご夫婦で宮城県白石市に暮らしておられます。  一緒に働いていたときの約束「白石まで遊びに行きます」を果たすべく、昨年の夏に家族を連れて行ってきました。  一人旅ならば予約なしで行って、見知らぬ現地で宿探しの醍醐味を味わうのですが、家族連れともなると宿の手配は必須です。  ご当地の宿をネット検索したところ、鎌先温泉「湯主 一條」さんを発見。  「鎌先温泉」という温泉地は知らなかったし、我が家的には高額な宿代であったのですが、何か惹かれるモ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/14 20:30
東京に行ってきました後編
 一夜明けて日本橋。  三井本館、この建物はなんとも威厳があるのです。  東京ですなー。 都会ですなー。 すごいですなー。 せっかくだから三井記念美術館に立ち寄ったところ、「三井家のおひなさま」という催しをやっていました。  いやー、素晴らしい。  人形職人さん達の魂を感じます。  その輪郭、その表情、どれだけの執念を傾注すれば人形に魂が宿るのでしょうか。  ひな道具にも心奪われました。  ミニチュアであっても極上の本物です。  極小サイズの銀製ひな道具は、冠台、三棚、三面盤、三... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/12 22:42
東京に行ってきました前編
 月島でもんじゃ焼きが食べたい!  と誰かが言い出し、娘と私の風邪が心配だったけれど、一泊二日で東京に行ってきました。  今回は妻の引率にダラダラとくっついて歩く東京ぶらり。  最初は築地へ。  築地に限らず、メインの通りよりもちょっと裏の通りがいいかんじ。  市場は休みだけど、人はいっぱいいました。 妻が食べログか何かで見つけた寿司屋「紀之重」で昼食です。  カウンター席で板前さんの軽快なおしゃべりとおまかせ握り、味噌汁付きで2,500円は、確かに安い気がする。  小皿と醤油は出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/11 22:24
ホンダZハードトップ
 2010年5月16日、群馬県の名湯「伊香保温泉」界隈にある「おもちゃと人形自動車博物館」に行ってきました。  目当ては、軽自動車(360cc)のミーティング。  ノスタルジックカーと呼ばれる、昭和30年代後半から昭和40年代くらいの車が大好きです。  特に小さい車が好きで、スポーツカーよりも商用車、商用車よりもファミリーカーに興味があるのです。  この博物館はそういった車の展示も多く、高い入場料を払っても行きたくなる場所です。  さて、ミーティングに集まっていた360ccカーはという... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/09 18:55

トップへ | みんなの「レジャー」ブログ

ぶんぐがんぐ レジャーのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる