テーマ:雑貨

マッチ箱ノート、マッチ箱ふせん

春光園 MAMIMU.MEMO まったく昭和の日本デザイン、昭和のアメリカンビンテージ。 デザインを見た瞬間にそれが何であろうと手に入れようと思ったマッチ箱。 のようなメモ帳。 と、付箋。付箋の方はホントに箱だけど、側薬が爪ヤスリになっているアイデア(?)商品。 付箋をマッチ箱に入れただけといえばそんな感じの商品。 小さい頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りんむ部5

倒木の撤去をしつつ薪割りをしています。 玉切りした丸太ひとつを斧で叩いただけでも、ホームセンターやアウトドアショップなどで700円~900円で売っている薪よりもボリュームがあります。↑写真は作業しているエリアに転がっている薪のほんの一部ですが、薪を作るばかりで消費しないため、だいぶ増えてしまいました。 ので、少し持ち帰りました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長女のB6君デビュー

 本当にキャンプが流行っているようですね。  若かりし頃など、有料キャンプ場へ行っても人などいなかったのに。  有料ではない野営地でBBQをしている人達に会うこともありましたが、テント泊をする人にはほとんど会ったことがありませんでした。  かつては家型テントが主流(安かったから)で、昔ながらの黄色い三角形のテント(ティピーテントで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Columbia×SOTOミニ焚き火台

 一昨年のこと、出勤すると職場のデスクに「fam」という雑誌が置いてありました。  職場の先輩Hさんが買っておいてくれたものです。  この号の「fam」には、アウトドアの世界では名高い「Columbia」と「SOTO」がコラボしたミニ焚き火台が付録になっていました。  雑誌の内容も興味ありましたが、この付録目当てに買ってくれたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

㈱青柳製作所のレジャーコンロが秀逸

 義父が所有していたレジャー用ガスコンロ。  コンパクトにまとめられたそのコンロは、小ぶりな専用CB缶を2本収納できる携帯性と、一切の機能を犠牲にしない秀逸な昭和デザイン。  「ADONA」というのが商品名なのでしょうか。  いつ頃の商品なのかわかりませんが、現在は我が家に保管されています。  頑丈そうなので使い倒したいのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルポット

 「発売以来約30年間のベストセラー商品」という㈱大木製作所のアルポット。  同僚のIさんが教えてくれた道具です。  こんなよさそうな道具があったのか。  湯沸かしポットと湯沸かし器具が一つの筒にまとめられたモノです。  燃料はアルコールですが、アルコールバーナーではなくアルコールランプを用いており、しっかりとした防風内燃構造に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・机上のCASTAWAY

 その後、机上の彼は少し文化的な暮らしを送っています。 でも、陽が沈んでくるとやっぱり寂しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息抜き工作【机上のCASTAWAY】

 以前、ガチャガチャで入手したオジサン。  当初は同僚のIさんが持ってきたガチャガチャのテントの隣で、ぼっちキャンプをする彼でした。  しかしその姿はどことなく、家庭や社会から放り出されたような悲哀を感じてしまうのです。 Iさんとともに、寂しそうな表情の彼のため、いくつかの生活環境を用意しました。  机上にあるものだけで作る息抜き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

STANLEYスチールカンティーン

 アメリカの企業アラジン社が展開するステンレススチール製バキュームボトルSTANLEY(スタンレー)。  男心をくすぐるデザインと確かな機能に魅了された同僚のWくんがしきりに薦めてくるので、販売店を探し物色してみると、なるほどそれはグッとくる商品の数々ではありませんか。  折しも私が庭づくりに夢中になっていた頃ですから、屋外使用にピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボンナイフの現在

 私どもが小学生をやっていた時代、鉛筆を削る道具は決して肥後守ではありませんでした。  自宅で削った鉛筆を学校に持ってくる、という子がほとんどだったと思われます。  学校生活に関心がなかったのであまり確かではありませんが、教室で鉛筆を削っている子の姿を見た記憶がありません。  しかし、何故か所持している子が多かったボンナイフ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イムコやるなら訂正と追記(-"-;)

 オーストリア(ハンガリー帝国)に創業したイムコが第一次世界大戦で軍用に製造した「Ifa(イーファ)」というライターは、その後も多くのメーカーでレプリカ生産された。  無駄のないシンプルな造りは信頼性の高さに繋がり、その無骨なスタイルに現在も多くの支持者がいるのでしょう。  イムコの主力製品であった「トリプレックス」は、使い捨て…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アルコールバーナー調理台を作ってみた。

 トランギアのアルコールバーナー。 アルコールランプと違って、強力に炎をあげるタフなアイテムです。  シンプルにできているので、長年手入れをせずに放置しても、何ら問題なく機能します。  音も臭いもなく、必要十分な火力が得られ、燃料は安く、手入れも無用。  煤がつかないので、道具をキレイに使えるのも魅力ですね。  トランギアは、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスキングテープ

 カモ井加工紙(株)は大正時代創業の工業用テープ専門メーカー。  同社製品の和紙で作られた薄くしなやかで丈夫なマスキングテープは、高度な粘着力&はく離力を備えた、世界のプロが認める一流アイテム。  マスキングテープとは建築現場等で活躍する養生テープで、塗装時に作業箇所ではない部分がスプレーされないように貼る、あれなどが本来の使い方で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「KILL TIME」+「STORAGE. IT」

 早く切り上げたいけれどなかなか終わらない電話。  そんなとき手元に筆記具とメモ用紙があると、いつの間にか芸術的な幾何学模様が描かれたりしていないでしょうか。  暇な時間の手先はアイデアを生む。  「KILL TIME」(Atypyk Paris)というフランス産のノート(本?)は、様々な単純なアイコンがページ一面にびっしり並…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SCHRADE TOBACCO LEAF KNIFE (?)

 今年の春に職場をご勇退なさった刃物マニアの元上司から、ナイフをいただきました。  そのへんの趣味が一致するものですから、関の刃物まつりに行かれるたびにナイフ系のお土産をいただくのです。  いただいたナイフはシュレード(SCHRADE)のシガーボックス風の箱に収められたもの。  「TOBACCO LEAF KNIFE」シリーズ又は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

固形石鹸派です

 娘とLUSHに「みつばちマーチ」を買いに行きました。  LUSH売上No.1の固形石鹸ですね。  石鹸などに気をつかったことはなかったのですが、この石鹸を使うようになって石鹸の違いというモノがわかるようになりました。  ツルツルピチピチのお肌でなくなった証拠ですかね。 で、娘が入浴剤を物色している最中暇そうにしていた私は、店員さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CORKERS

 ワインなどのコルクを素材に作る動物の工作キットみたいなモノ。  手足などのパーツの先に針がついており、それをドスッとコルクに刺して動物等を作ります。  素材とするコルクの形や刻印などを活かして作るのが楽しみどころなのかな?  箱の中に入っているのはパーツのみで、組み立て説明書が入っていないのがホビー感満載で嬉しい。  もっとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電気回路実験用スイッチ

 娘といつものスタバ、パワーモール前橋みなみ店でブランチ。  その後ヒマなので、道路向かいにある蔦屋書店に行ってみた。  子どもの夏休み工作コーナーみたいなところに、「電気回路実験用スイッチ」がありました。  自作できるだろうというほどショボイものですが、283円します。  わかる人にはきっとわかる、このスイッチの魅力。  特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とびだすカード

 息抜きにとびだすカードを作ることがあります。  机上の道具で作れるので、深夜に及ぶデスクワークなどでは気分転換になるのです。  で、来週末は娘の誕生日。  プレゼントは用意しましたが、それだけでは私のサービス精神は満たされません。  娘のためにとびだすカードを作ってみました。  名刺を使って一点ものを作ることが多いの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

机上の癒し

 長女は、小さい植物をペットのように育てます。  自分の手元に置いておけるモノですから、愛着もあるのでしょう。  なんとなくその気持ちはわかります。  職場でのデスクワークが多くなった私に、小さい観葉植物を選んでくれました。  癒し効果はいかがなものでしょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピールフォーム

 ドイツの玩具メーカー「スピールフォーム(Spielform)」。  1964年に設立された同社の製品は、素朴で優しい印象の手作り木製玩具。  前橋市の中央通りにある「黒田人形店」でスピールフォームの小鳥たちを見つけた妻は、もうすっかりスピールフォームに夢中です。  主な商品である100種類を超える動物たちは、そのほとんどに親子サ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LUSH

 長女の最近のブームは入浴剤。  いつもは上里イオンに行く我が家ですが、今日は高崎イオンに行ってきました。  やっぱし広いですねぇ・・・でも上里イオン好きです。  高崎イオンで目指すのは、長女がお気に入りの「LUSH」という自然派化粧品や石鹸のお店。  同店人気NO.1の「みつばちマーチ」という石鹸や、長女が欲しがっていた「アボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道路工事の風景

 「道路工事現場で行政機関と信号工事業者が打ち合わせ中の風景」(1/150)  新しく作っている工事中の道路が好きです。  出来ればそのままの状態で歩行者に供用してほしい。  そんな道は不思議とどこまでも歩いて行ける気がします。  あちこちで道路整備がすすんでいますが、幹線道路など開通しますと、それまでの景色も、車や人の流れもガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOOTHPICKS (?)

 真鍮でできたこの物入れ、「TOOTHPICKS」と蓋にあります。  底には天秤マークに「STATIONERY TOOLS」とあります。  MADE IN INDIA と思われます。  ほどよい大きさと重量です。  中には、ゼムクリップを入れています。  毎日のように使うクリップ、机に磁石をつけてジャラジャラと連鎖させていたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロックバックナイフ Sheffield

 刃物の類は男心を刺激します。  子供の頃から刃物が好きで、アメ横に行っては刃物を眺めてウットリ。  刃物にも用途によって様々な形状があります。  日本でお馴染みのカッターナイフは、「切る」「裂く」「割る」「削る」「えぐる」「彫る」といった用途のなかで、「鋭利に切る」ことを主な目的としており、事務用品の中でも使用頻度の高いアイテム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万能ハサミ ファクトリーギア DEEN

 工具屋さんが作ったハサミ。  刃は耐食性・耐摩耗性などに優れているモリブデン・バナジウム鋼製。  とにかくよく切れる。  柔らかいもの、粘着材の付いているものも難なく切れる。  刃につけられた溝がミソ。  同僚のS君、趣味は工具。  使うのではなく、収集が趣味。  磨いて眺めてウットリしている。  工具には男の魂を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩崎の日本剃刀本刃付 三条製作所

 鋼の良し悪しは純度で決まる。  不純物の少ない世界一優れた鋼が、日本刀の材料に使われる「玉鋼」。  その「玉鋼」で鍛造した日本剃刀。  は、いつか見てみたいモノです。  写真のこれはスウェーデン鋼で鍛造した日本剃刀。 上野の老舗刃物店「菊季刃物店」に飾られていたこの剃刀を一目見たときから、もうメロメロです。  いつまで眺めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイトリック 尾張時計(株)

 蝿獲器「ハイトリック一號」。 大正時代に発売が開始されたモノらしいです。 酢や酒に砂糖を混ぜた餌でハエを誘き寄せ、金網に生け捕りするという、ゼンマイ駆動の超絶マシンです。  当時はけっこうなヒット商品になったそうです。 娘と一緒に私の実家へ行った際、父が嬉しそうに見せてくれました。  手入れをしてあったのか、しっかりと稼動します。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PEN HOOK CLIP (株)ハイタイド

 過日ステーショナリー屋さんでみつけたこのクリップは、ノートの表紙などに挟んで、曲がった先端部分にペンを留めることのできるアイデア商品。  輪ゴムやクリップなど、何かを使って独自のペンホルダーにしている方は結構いると思います。  ちょっとした発想や発見をカタチにするのは楽しいですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more