テーマ:男のアイテム

薪割り斧

ボランティアの作業場で専ら薪割り作業に参加している仲間が、グレンスフォシュというスウェーデンメーカーの高級斧を使い始めました。 丸太を叩き割れればどんな斧でも同じというものではないのですが、値段で斧の良し悪しが決まるものでもない、と思っていたのです。 何故ならば、私の使っているフィスカースというフィンランドメーカーの斧(12,000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りんむ部13

13はサーティーンと読む。 男の子はね。 今日は長男と二人でボランティアしてきました。 たまには親子で汗を流すのもいいですね。 大事なものは子どもに奪われるのが人の世の常。 高校の時から使っていたナイフ、ジャングルキング II。 復刻版ではありませんぜ。 スペインのAITOR(アイトール)社は既に廃業していますが、世界中の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴルゴサーディン

オイルサーディンは、簡易キャンプで利用頻度の高かった缶詰。 缶の蓋を開け火にかけ、チューブ入り生姜をのせて醤油をたらし、ふつふつしたところを美味しくいただく。 世界中で作られているオイルサーディンですが、はごろも&キングオスカーが私的には定番。 ノルウェーのフィヨルド近海で漁獲したブリスリング種の新鮮ないわしを樫の木のチップでスモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第32回RC航空ページェント

中島飛行機(現SUBARU株式会社)の創業者中島和久平が構想した「Z飛行機計画」に端を発し、米国本土を火の海にするため開発されていたという幻の大型爆撃機「富嶽」! 悠々と勇ましく大空を舞うその勇姿を観ることができるのは、飛行機王生誕の地である太田市ならでは。 ならでは、というわけではないでしょうが、巨体が飛び立つ様はなかなかのもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

pcx125サイドカー

pcxの積載力を向上させてボランティア作業場への足にするため、サイドカーに改造する計画を立てて概ね半年。 ようやく完成となりました。 これでチェーンソーや斧、その他必要な道具を汚れも気にせず積み込んで作業場に向かえます。 キャンプへ行くにもソロであれば十分な積載力なので、冬が楽しみです。せっかくのpcx125ですが、側車を取り付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テントコット

 3年くらい前にワイルドワンで見かけて、買おうか買うまいか迷っているうちに売り切れてしまったテントコット。  過日ワイルドワンで売っているのを見かけ、即買いです。  メーカーはQualz(クオルツ)、良い製品を手頃な価格で提供しています。  テントコットは、テントとコットが合体したそのままのモノです。 ◎ 設置場所(地面)を選ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長女のB6君デビュー

 本当にキャンプが流行っているようですね。  若かりし頃など、有料キャンプ場へ行っても人などいなかったのに。  有料ではない野営地でBBQをしている人達に会うこともありましたが、テント泊をする人にはほとんど会ったことがありませんでした。  かつては家型テントが主流(安かったから)で、昔ながらの黄色い三角形のテント(ティピーテントで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Columbia×SOTOミニ焚き火台

 一昨年のこと、出勤すると職場のデスクに「fam」という雑誌が置いてありました。  職場の先輩Hさんが買っておいてくれたものです。  この号の「fam」には、アウトドアの世界では名高い「Columbia」と「SOTO」がコラボしたミニ焚き火台が付録になっていました。  雑誌の内容も興味ありましたが、この付録目当てに買ってくれたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

㈱青柳製作所のレジャーコンロが秀逸

 義父が所有していたレジャー用ガスコンロ。  コンパクトにまとめられたそのコンロは、小ぶりな専用CB缶を2本収納できる携帯性と、一切の機能を犠牲にしない秀逸な昭和デザイン。  「ADONA」というのが商品名なのでしょうか。  いつ頃の商品なのかわかりませんが、現在は我が家に保管されています。  頑丈そうなので使い倒したいのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルポット

 「発売以来約30年間のベストセラー商品」という㈱大木製作所のアルポット。  同僚のIさんが教えてくれた道具です。  こんなよさそうな道具があったのか。  湯沸かしポットと湯沸かし器具が一つの筒にまとめられたモノです。  燃料はアルコールですが、アルコールバーナーではなくアルコールランプを用いており、しっかりとした防風内燃構造に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時計ストーブ

 かれこれ15年は使い込んでいる時計ストーブ。  庭キャンプ道具の主役です。  使い始めの頃は風雨を避けて保管していたのですが、いまでは庭の隅っこで軒下保管です。  すっかり錆びついていますが、使い勝手は変わりません。  時計ストーブを使っていると、自分の思い描くキャンプスタイルはこんなかんじかなと、ふわっとしたイメージが湧くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激安ウッドストーブ

 「Motomo キャンプ ウッド 薪 ストーブ キャンプファイヤー」とAmazonのページに書いてあったけど、商品名はどの部分なのかわからない、1,670円の中国製激安ソロストーブ。  100件を超えるレビューをみると、なかなか評判が良さそうなので、試しにカートに入れてみました。  手にしてみると、どーもキャンプ用品屋に置いてある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙世紀前夜

 宇宙移民計画の参画各国による、国際宇宙コロニー建造が事業化された。  後に地球連邦加盟国となる日本ではその四半世紀前から、資源採取に向けた月面開拓を直轄事業として推進しており、既に23基の月探査コンテナを月面に設置していた。 月探査コンテナとドッキングして月面開拓基地となる宇宙艇「月光」は、その基本設計の高さから、後に大型宇宙空間作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

STANLEYスチールカンティーン

 アメリカの企業アラジン社が展開するステンレススチール製バキュームボトルSTANLEY(スタンレー)。  男心をくすぐるデザインと確かな機能に魅了された同僚のWくんがしきりに薦めてくるので、販売店を探し物色してみると、なるほどそれはグッとくる商品の数々ではありませんか。  折しも私が庭づくりに夢中になっていた頃ですから、屋外使用にピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燃える男のトラクター

 燃える男の赤いトラクター それがお前だゼ  若かりし頃テレビのコマーシャルで聴いた歌です。  トラクターにまるで興味も理解もなかったけれども、この歌は耳に脳みそに刻まれた名曲です。  秋頃に太田市新田町で開催されたイベントで、農機の展示をしていました。  うは~、かっちょいい。  しびれるほどに、カッチョイイ。  農作業に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガーデンスプレーヤーMS-252RT25

 株式会社工進の誇る高性能電動噴霧器「ガーデンスプレーヤーMS-252RT25」!  電動噴霧器にして最高圧力3.5MPa、タンク容量25リットル!  家庭で使う噴霧器としては有り余るスペックと思われるがいかが。 高い、高いのだけれど、毎年業者さんに発注すると思えば、買ってしまってもよいのではないか。  昨年我が家の庭木は害虫によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イムコやるなら訂正と追記(-"-;)

 オーストリア(ハンガリー帝国)に創業したイムコが第一次世界大戦で軍用に製造した「Ifa(イーファ)」というライターは、その後も多くのメーカーでレプリカ生産された。  無駄のないシンプルな造りは信頼性の高さに繋がり、その無骨なスタイルに現在も多くの支持者がいるのでしょう。  イムコの主力製品であった「トリプレックス」は、使い捨て…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SCHRADE TOBACCO LEAF KNIFE (?)

 今年の春に職場をご勇退なさった刃物マニアの元上司から、ナイフをいただきました。  そのへんの趣味が一致するものですから、関の刃物まつりに行かれるたびにナイフ系のお土産をいただくのです。  いただいたナイフはシュレード(SCHRADE)のシガーボックス風の箱に収められたもの。  「TOBACCO LEAF KNIFE」シリーズ又は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男のアイテム、オールステンレス製2色ボールペン

 所用があって高崎市役所に行った際、地下1階の売店に寄ったところ、(株)島田製作所のオリジナル商品「オールステンレス製2色ボールペン」というものを発見し、即買いしました。  日本には、世界中のいかなる高度精密最新技術をもってしてもできないモノを作ってしまう職人達がいます。  またそういった職人の腕一本を武器にしている会社もありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鋼鉄金庫

 日本橋は三井記念美術館の通路にあった金庫(書庫扉)。  厚さ25.4cm、重さ約8t、周囲は頑強なコンクリート壁、と、説明書きが添えられています。  この鉄の塊、この鉄の仕掛け。  その頑強で重厚な佇まいからは絶対の信頼と男のロマンを感じるのです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマハFZ6 Fazer S2

 美しいデザインだと思います。  意のままに曲がり、運転が上手くなった気になってしまうバイクでした。 原付免許を取得したのが高校1年の夏休み。  当時は原チャリでツーリングを楽しんでいました。  高校を卒業後は自動二輪の免許を取得し、親戚に譲ってもらったGPZ400Fに寝袋一つを括り付けてどこまでも。  以降、何台も乗り継ぎまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BENNY号 丸紅山口自転車

 「ベニー号」に使えそうなパーツがあるとの情報を得たことから、栃木県足利市へ。  足利学校のすぐ近く、「サイクルショップ サカイ」へ行くとそこにあったのは、なんと山口自転車の新品パーツ!  40年近くビニールに巻かれたままの姿でいました。  前後輪の泥よけをセット5,000円。  どこかにBENNY号の新品サドルが売ってないかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロックバックナイフ Sheffield

 刃物の類は男心を刺激します。  子供の頃から刃物が好きで、アメ横に行っては刃物を眺めてウットリ。  刃物にも用途によって様々な形状があります。  日本でお馴染みのカッターナイフは、「切る」「裂く」「割る」「削る」「えぐる」「彫る」といった用途のなかで、「鋭利に切る」ことを主な目的としており、事務用品の中でも使用頻度の高いアイテム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万能ハサミ ファクトリーギア DEEN

 工具屋さんが作ったハサミ。  刃は耐食性・耐摩耗性などに優れているモリブデン・バナジウム鋼製。  とにかくよく切れる。  柔らかいもの、粘着材の付いているものも難なく切れる。  刃につけられた溝がミソ。  同僚のS君、趣味は工具。  使うのではなく、収集が趣味。  磨いて眺めてウットリしている。  工具には男の魂を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩崎の日本剃刀本刃付 三条製作所

 鋼の良し悪しは純度で決まる。  不純物の少ない世界一優れた鋼が、日本刀の材料に使われる「玉鋼」。  その「玉鋼」で鍛造した日本剃刀。  は、いつか見てみたいモノです。  写真のこれはスウェーデン鋼で鍛造した日本剃刀。 上野の老舗刃物店「菊季刃物店」に飾られていたこの剃刀を一目見たときから、もうメロメロです。  いつまで眺めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more