テーマ:雑記

りんむ部14+親子キャンプ

寒くなってきました。 薪割りなどで汗をかいて休憩すると、たちまち身体が冷えてしまいます。 ボランティアで風邪などひかぬよう、仲間と休憩所を設営しました。 常設にしますので、ご近所の皆様にもご利用いただければ幸いです。せっかくなので、寒さも柔らかく月明かりの眩しい無風のキャンプ日和に、この作業場に長男を連れて親子キャンプをしてきまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りんむ部13

13はサーティーンと読む。 男の子はね。 今日は長男と二人でボランティアしてきました。 たまには親子で汗を流すのもいいですね。 大事なものは子どもに奪われるのが人の世の常。 高校の時から使っていたナイフ、ジャングルキング II。 復刻版ではありませんぜ。 スペインのAITOR(アイトール)社は既に廃業していますが、世界中の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴルゴサーディン

オイルサーディンは、簡易キャンプで利用頻度の高かった缶詰。 缶の蓋を開け火にかけ、チューブ入り生姜をのせて醤油をたらし、ふつふつしたところを美味しくいただく。 世界中で作られているオイルサーディンですが、はごろも&キングオスカーが私的には定番。 ノルウェーのフィヨルド近海で漁獲したブリスリング種の新鮮ないわしを樫の木のチップでスモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りんむ部12

我らがこれから入る作業場に、まずは薪置き場を作りました。 その場で入手できた廃物を利用した即興作りです。 この作業場の木を薪にしていくと、たちまち薪置き場が足りなくなりそうです。仲間の薪割り技術の向上がスゴイ。 薪割りするにはちょっと長すぎないか?という尺の薪をひと降りで真っ二つにしたかと思えば 、それはいくらなんでも斧で割るのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オカメインコがやって来た。

道を歩いていたところを拾われたオカメインコ。 飼い主が見つからず、引き取り手も見つからず、焼鳥にするしかないところを、可哀想なので引き取りました。 飼い主が見つかればすぐにでもお返ししますが、捨てられた気配が濃厚です。 風切羽を切られた形跡があり、飛ぶのは上手ではありません。 性別も年齢もわからない、おとなしいコです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りんむ部11

今年の春先から頑張っていた河川敷抜開作業のボランティア。 我らの作業エリアはひとまず終了です。 大量の薪ができたのですが、誰か持っていってくれないものか。次回からは、ボランティアの諸先輩方が取り組もうとしているエリアで共同作業です。 なかなか、やりがいのありそうな場所です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りんむ部10

ボランティアの諸先輩方からBBQのお誘いを受けました。 場所は諸先輩方が入っている抜開エリア。 我らの野営料理も召し上がっていただこうと、鍋やダッチオーブンを持ち込んでみました。 この日はIさんがご子息のkくんを連れての参加でした。 kくんは私の林業の師匠Sさんの奥様と一緒に巨大な鉄板で料理を作っていましたが、おばあちゃんと孫が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りんむ部9

3週間も手を入れないでいると、驚くほどに草が成長しています。 草木の生命力はホントにすごいや。 ボランティアの諸先輩方が「夏場は草の成長との闘い」と言っておられましたが、草の成長にはとても敵いません。 ↓↓草刈り前↓↓↓↓草刈り後↓↓↓↓↓草刈り前↓↓↓↓↓↓草刈り後↓↓↓そして今日が念願のボランティア用pcx125サイドカーのデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りんむ部8

充実してきた道具類。 消耗した道具もありますが、私どもの技術の向上によりこれら道具の寿命もいくらか延びるでしょう。酷暑の抜開作業。 木陰地帯と木陰地帯を繋ぐ通路を作るため、篠やら蔦やらなにやらを刈り払っていくのですが、身の丈ほどになった草木に覆われて倒木や切り株が見えないため、いきなり草刈り機で刈りだすのはコワイのです。 まずはマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りんむ部7

倒木の撤去で大変なのは、やはり根元の処理。 人力で開拓した昔のヒトたちは偉いものです。 根元処理職人のKくんは、子供たちが安全に遊べるように今日も汗を流し続ける。週イチの伐開作業では草木の成長に追いつけない。 これから秋までが正念場だろうか。作業場の草木は勢いを増しているけれど、我らの道具は疲弊ぎみ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りんむ部6

もう重労働には危険な暑さになってきました。 日陰をつくって熱中症対策です。今回はH先輩が薪を車に積めるだけ持ち帰ってくれましたが、作業場にはまだまだ積んであります。 ヒミツの野営地に運べないだろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りんむ部4

ボランティアでやっていた作業も、仲間が増えてくるとサークル活動のようになってきます。 個人の自由意志で作業をすることに意義があるので、作業に参加しなくてはいけない的な雰囲気にはしたくないのですが。 しかし、やはり人数が多ければ伐開作業は驚くほどのスピードで進みます。 玉切りをしているそばから薪割り作業が始まり、複数人で歩きまわるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すでに秋が待ち遠しい。

目に見えるようなスピードで成長を続ける草木。 我が家の庭でも次々と花をつけていく草花。 春なのですが。 心地の良い、ちょうどよい陽気などほんの何日かで、今年もすぐに暑くなるのでしょうねぇ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りんむ部3

キャンプ仲間の同僚らが参加しての作業。 この仲間たちがいると何をやっても楽しく心強い。 ヒトにとって人生の宝とはそういうことなのでしょう。 何よりも大切なものです。ありがたや。 玉切りしたままの丸太を、トレーニングを兼ねて薪割りしてくれました。 薪割りは楽しいのですが、加齢とともにキツくなっていく。 なれると全身の筋肉を連動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜桜

日本人の霊魂を吸う桜の花は、夜になると妖しさを増します。 同僚らと仕事帰りに桜の木の下へ。 雪のように音を奪う異界の美しさの恐怖に憑かれ、この世とあの世の狭間に魂を鎮めてきました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りんむ部2

過日、異動していく同僚らからプレゼントをいただきました。 いずれも私が以前から欲しがっていたモノです。 餞別は残る者が出ていく者に贈るものなのですが。 世話になっていたのは私のほうなのですが。 トランギアストームクッカーSとハスクバーナーのねじれクサビ、どちらも高価なモノです。 まだ退職しないのだけどいいのかな。 嬉しいとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りんむ部

県職をご勇退なさったSさんは、ボランティアで利根川の河川敷を整備しておられます。 3mくらいになる篠が見渡す限り生い茂り川も見えない有り様だったのを、ひたすら刈り続け、枯木を切り倒し、末は遊歩道や子ども達の遊び場を作ろうとしておられます。 もちろん、然るべき許可は得ています。そんな話を人伝に聞き、最初は薪が欲しくて作業現場へ行ってみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒七味

原了郭というところ(?)で一子相伝の製法を守っている黒七味。とのことです。 原料は白ごま、黒ごま、唐辛子、山椒、青のり、けしの実、おの実。おの実ってなんだろう。 もう何年も前のこと、同僚のMくんに貰った京都土産がこれでした。ビックリするほどお気に入りの風味で、すぐに使いきってしまいました。 私は山椒が好きなので口に合うのでしょうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和ラーメン

埼玉県に出張した帰り道。 昼食抜きで仕事に取り組んでいた私と同僚のF氏は、帰路沿道に目を配り、ここだ!!と直感する食堂を求めながら車を走らせていました。 私どもが求めていた食堂は、住宅街にあってご近所への出前などをしている個人経営の定食屋または中華料理屋、行列など無縁な昭和な食堂です。 仕事同様の熱意をもって、常に周囲の飲食店に目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元旦キャンプ

 今年は有志一同と元旦キャンプです。 元日早々の仕事を終えた我らはバラバラと野営地に集合したのですが、元日イベントとして同じ事を考える人は多いようで、何人ものキャンプ人がテントを張っていました。  焚き火で料理をし続け食べ続け、火を繰りながらウダウダと過ごす野営地でのいつものスタイル。  良い新年のスタートです。 望遠鏡を持参した勇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味いニラレバ定食を食べた。

 太田市新田市野井町にある中華料理「一番」。  ここで久々に美味い!!ニラレバ定食を食べました。  レバが軟らかくていいですね。  火を通しすぎるせいか、バサバサのレバにしてしまう店が多いですからね。  バカボンパパの好物はニラレバ炒め。  テレビ版天才バカボンで、パパがニラレバ炒めを食べに中華料理屋へ行く話がありまして、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時計ストーブ

 かれこれ15年は使い込んでいる時計ストーブ。  庭キャンプ道具の主役です。  使い始めの頃は風雨を避けて保管していたのですが、いまでは庭の隅っこで軒下保管です。  すっかり錆びついていますが、使い勝手は変わりません。  時計ストーブを使っていると、自分の思い描くキャンプスタイルはこんなかんじかなと、ふわっとしたイメージが湧くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビフテキ、と呼ぶと幻の料理になる。

 長女と過ごす休日。  伊勢崎市にあるステーキ&ハンバーグの店「ZACK'S(ザックス)」に行ってきました。  どのメニューを頼んでも、サラダバー、日替わりスープ、ライスにガーリックライス、ちょっとしたデザート、すべてが食べ放題と、ワッフルを焼き放題食べ放題です。  ちょっと前までなら、食べ放題ってだけで飛びつくところですが、食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉村の桜

 玉村町に流れる滝川沿いに、桜が整然と並んでいます。  今日は、目が覚めた瞬間からひどい頭痛で、どうも花見という気分にはなれなかったけど、来週くらいまで咲いているだろうか。  桜は、満開なのがそれこそ華なのですが、花が散っても、若々しい緑の葉桜もよいものです。  あわてずに季節を楽しもうかと。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さのやの極上レバ焼き定食

 頻繁に通うようになった食堂「お食事処さのや」。  太田市の主要地方道前橋館林線沿い、「新田遺跡入口」の信号交差点西側に位置する居心地の良い昔ながらの食堂です。  ここで一番のお気に入りは、お店の皆様の暖かいおもてなし、そして絶品レバ焼き定食。  まさに極上!  臭みのない、絶妙の歯応えの厚切りレバを、丁寧に調理しております。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・机上のCASTAWAY

 その後、机上の彼は少し文化的な暮らしを送っています。 でも、陽が沈んでくるとやっぱり寂しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いちごの旬、とは。

 お昼近くに起きてきた娘と、ふらりと電車に乗ってアメ横へ。  運動不足の父娘は3時間も歩くとくたびれます。  みはしの白玉ぜんざいなどをお土産にして、早々に帰ろうかという雰囲気になったところで、娘が大宮へ行きたいと言い出しました。  以前埼玉県で働いていた頃、家族で頻繁に大宮まで行ったものです。  幼い頃から大宮へ行っていたせい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息抜き工作【机上のCASTAWAY】

 以前、ガチャガチャで入手したオジサン。  当初は同僚のIさんが持ってきたガチャガチャのテントの隣で、ぼっちキャンプをする彼でした。  しかしその姿はどことなく、家庭や社会から放り出されたような悲哀を感じてしまうのです。 Iさんとともに、寂しそうな表情の彼のため、いくつかの生活環境を用意しました。  机上にあるものだけで作る息抜き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この夏は虹がよく見えた

 この夏は雨が多かったと思うのは、台風のせいでしょうか。  夏らしい夕立はあまりなかった気がしますが、夜などは窓を開け放していれば気持ちの良い風が入ってくる日が多かったように思います。  気温が30度になれば猛暑と言われた時代に戻りつつあるのでしょうか。  台風が多かったためなのか、いろいろな形の雲が雄大に豪快に空を覆う様を存分に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more