テーマ:ステーショナリー

マッチ箱ノート、マッチ箱ふせん

春光園 MAMIMU.MEMO まったく昭和の日本デザイン、昭和のアメリカンビンテージ。 デザインを見た瞬間にそれが何であろうと手に入れようと思ったマッチ箱。 のようなメモ帳。 と、付箋。付箋の方はホントに箱だけど、側薬が爪ヤスリになっているアイデア(?)商品。 付箋をマッチ箱に入れただけといえばそんな感じの商品。 小さい頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

REMBRANDT TITAN

 ドイツの筆記具メーカーLYRA(リラ)社のデッサン用(?)鉛筆。  軸に木を使わず、芯だけで出来た鉛筆です。  軸の表面はコーティングされているので「だけ」ではありませんが。  木の部分がないので、あえてグラファイト鉛筆と呼ぶようです。  芯の部分にグラファイト(黒鉛)が使われている鉛筆のことをグラファイト鉛筆というので、芯を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現役ロケット鉛筆

 同僚のOさんがメモ取りしているその手元にキラリ。  何も面白くない仕事場で、この発見と驚きは私にささやかな幸せを与えるのです。  小学生の頃、学校での筆記用具といえば鉛筆、だったと思う。  あるいはスーパーカー消しゴムを弾くためのBOXYボールペン。  いや、シャープペンシルを使う奴もいたのだろうか。  そして、私も持ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボンナイフの現在

 私どもが小学生をやっていた時代、鉛筆を削る道具は決して肥後守ではありませんでした。  自宅で削った鉛筆を学校に持ってくる、という子がほとんどだったと思われます。  学校生活に関心がなかったのであまり確かではありませんが、教室で鉛筆を削っている子の姿を見た記憶がありません。  しかし、何故か所持している子が多かったボンナイフ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐かし消しゴム再び

 太田市にある株式会社カワムラ。  昭和33年から文房具を扱う老舗です。  以前、ここで懐かしい消しゴムの数々を発見して、嬉しさのあまりワサワサと買い込んできたお店です。  数年ぶりに行ってみると、時間の流れない棚が、そこにまだありました。 「まだありますねぇ(^^)」  「まだあるんですよw」「古い商品を置いておくのも恥ずかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスキングテープ

 カモ井加工紙(株)は大正時代創業の工業用テープ専門メーカー。  同社製品の和紙で作られた薄くしなやかで丈夫なマスキングテープは、高度な粘着力&はく離力を備えた、世界のプロが認める一流アイテム。  マスキングテープとは建築現場等で活躍する養生テープで、塗装時に作業箇所ではない部分がスプレーされないように貼る、あれなどが本来の使い方で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Arch Ruler

 姪っ子にもらったアーチルーラー。  湾曲しています。  真ん中あたりを押さえるとしっかり固定、力を抜けば図上での移動が容易い。  インクが定規の下に入り込むのを防止しやすい。  んん、これは便利!15cm定規ならコレ!!(^^) でもしかし、湾曲しているせいで製図するには目盛が心許ない。  栞にも使えない。  しかしそんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「KILL TIME」+「STORAGE. IT」

 早く切り上げたいけれどなかなか終わらない電話。  そんなとき手元に筆記具とメモ用紙があると、いつの間にか芸術的な幾何学模様が描かれたりしていないでしょうか。  暇な時間の手先はアイデアを生む。  「KILL TIME」(Atypyk Paris)というフランス産のノート(本?)は、様々な単純なアイコンがページ一面にびっしり並…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SCHRADE TOBACCO LEAF KNIFE (?)

 今年の春に職場をご勇退なさった刃物マニアの元上司から、ナイフをいただきました。  そのへんの趣味が一致するものですから、関の刃物まつりに行かれるたびにナイフ系のお土産をいただくのです。  いただいたナイフはシュレード(SCHRADE)のシガーボックス風の箱に収められたもの。  「TOBACCO LEAF KNIFE」シリーズ又は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NEW !! STARBUCKS LATTE

 珍しく娘が早起きだったので、いつものスタバでモーニング。  この週末はブランチじゃなかったねェ。  「新しくなったスタバラテ」っていうのを注文しました。  このお店の店員さんの接客は気持ちよく、綺麗な店舗で居心地が良いのです。  父娘ともにお気に入りの癒し空間。  ただし、「店員さん」ではなくて「バリスタ」でした。  なる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

娘の手帳づくり

 娘とスタバ(パワーモール前橋みなみ店)でブランチ。  今日は父娘ともお気に入りの、店舗南東コーナーに位置するソファー席が空いていたので、いつもよりゆったりとできました。  娘はブレることなく常に同じものを注文します。  いつも注文していたコーヒーフラペチーノをやめてソイラテを頼むようになった私は、ちょっと後ろめたい気分。 さて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男のアイテム、オールステンレス製2色ボールペン

 所用があって高崎市役所に行った際、地下1階の売店に寄ったところ、(株)島田製作所のオリジナル商品「オールステンレス製2色ボールペン」というものを発見し、即買いしました。  日本には、世界中のいかなる高度精密最新技術をもってしてもできないモノを作ってしまう職人達がいます。  またそういった職人の腕一本を武器にしている会社もありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長女の恩返し

 娘がカッターとカッティングマットが欲しいと言う。  娘はモノ作りが好きで、お絵描きをしていたと思ったら絵本に仕上げていたり、文房具を貸してやると翌朝お礼のポップアップカードが机上に置いてあったり。  ので、文房具店へ行って、OLFAの細工用のカッターを選んであげました。  刃先が30度と鋭角なもので、切り口を確認しやすく、細…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐かし消しゴム

 昨年のこと、太田市にある文房具店に寄ったところ、時が止まったような商品棚がありました。  その中にあったひとつが写真の「MONO」消しゴム。 白プラケースがPE-04P(120円)。  白黒のプラケースは1/3が砂消し、2/3が消しゴムのPE-05P(150円)。  04Pの値札が銀色に対し、デラックスな05Pの値札は金色。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

辞書の紙

 2012年本屋大賞第一位「船を編む」(三浦しをん)が映画化されたものを観ました。  原作は読んでいませんが、なかなか良い映画だと思いました。  辞書づくりのお話しです。  劇中に、主人公が辞書に使われる紙にこだわる一幕がありました。  「紙」好きな私としては、「うん、うん」と思いながら観たクダリです。  昨年まで同じ職場…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ふせん

 仕事で付箋をよく使うわけです。  強粘着のものが頼りになるのです。  業務をこなす毎日、心の救済に遊び心を取り入れたい。  そんなわけで、今時の付箋には遊び心満載のものが多いのです。  なかなか片付かない仕事は、休日にやっつけると手際よく処理できる。  今日は午前中、ちょろっと仕事をしてきたのですが、いつの間にか遊び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LUSH

 長女の最近のブームは入浴剤。  いつもは上里イオンに行く我が家ですが、今日は高崎イオンに行ってきました。  やっぱし広いですねぇ・・・でも上里イオン好きです。  高崎イオンで目指すのは、長女がお気に入りの「LUSH」という自然派化粧品や石鹸のお店。  同店人気NO.1の「みつばちマーチ」という石鹸や、長女が欲しがっていた「アボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOOTHPICKS (?)

 真鍮でできたこの物入れ、「TOOTHPICKS」と蓋にあります。  底には天秤マークに「STATIONERY TOOLS」とあります。  MADE IN INDIA と思われます。  ほどよい大きさと重量です。  中には、ゼムクリップを入れています。  毎日のように使うクリップ、机に磁石をつけてジャラジャラと連鎖させていたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロックバックナイフ Sheffield

 刃物の類は男心を刺激します。  子供の頃から刃物が好きで、アメ横に行っては刃物を眺めてウットリ。  刃物にも用途によって様々な形状があります。  日本でお馴染みのカッターナイフは、「切る」「裂く」「割る」「削る」「えぐる」「彫る」といった用途のなかで、「鋭利に切る」ことを主な目的としており、事務用品の中でも使用頻度の高いアイテム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万能ハサミ ファクトリーギア DEEN

 工具屋さんが作ったハサミ。  刃は耐食性・耐摩耗性などに優れているモリブデン・バナジウム鋼製。  とにかくよく切れる。  柔らかいもの、粘着材の付いているものも難なく切れる。  刃につけられた溝がミソ。  同僚のS君、趣味は工具。  使うのではなく、収集が趣味。  磨いて眺めてウットリしている。  工具には男の魂を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インクボトル型シャープナー メタルシャープナー革ケース付き DUX

 鉛筆削りもいろいろありますが、ハンドルを回す手動式のものが欲しいのです。  でも良いモノは値段が高いし、場所をとるし、そもそも鉛筆はあまり使わないし。  ドイツの老舗、鉛筆削り一筋のDUX。  機能良し、値段良し、デザイン良し、大きさ良し。  インク瓶型のシャープナーはデスクを彩る洒落モノですが、鉛筆を差し込めば凶暴な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩崎の日本剃刀本刃付 三条製作所

 鋼の良し悪しは純度で決まる。  不純物の少ない世界一優れた鋼が、日本刀の材料に使われる「玉鋼」。  その「玉鋼」で鍛造した日本剃刀。  は、いつか見てみたいモノです。  写真のこれはスウェーデン鋼で鍛造した日本剃刀。 上野の老舗刃物店「菊季刃物店」に飾られていたこの剃刀を一目見たときから、もうメロメロです。  いつまで眺めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイトリック 尾張時計(株)

 蝿獲器「ハイトリック一號」。 大正時代に発売が開始されたモノらしいです。 酢や酒に砂糖を混ぜた餌でハエを誘き寄せ、金網に生け捕りするという、ゼンマイ駆動の超絶マシンです。  当時はけっこうなヒット商品になったそうです。 娘と一緒に私の実家へ行った際、父が嬉しそうに見せてくれました。  手入れをしてあったのか、しっかりと稼動します。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グラフィティ パッド (株)TBM

 環境・エコに優しい、石からできたストーン紙「Keeplus」。  ストーン紙とは、「原料に木材チップやケナフなどを使用せず、石灰石から抽出した無機鉱物粉末から作られた次世代の紙」だそうです。  森林伐採の必要がなく(森林資源保護)、製造過程で水をほとんど使わない(水資源保護)、まことに環境に優しい紙。  しかしエコなだけの紙では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャップレスデシモ (株)パイロットコーポレーション

 プラチナのデスクペンは重宝しています。  安価でいながら「しなり」のあるペン先は、極細から1.0mmくらいまでの豊かな線を描き出します。  万年筆のキャップをクリクリ回し外してペン先を出す所作に憧れるわけでなく、手帳に記載するにあたってはデスクペンのような極細のペン先が理想であり、デスクペンのある限り、万年筆を使うことはないと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東屋のメルシー券

伊東屋のメルシー券が、メルシーカードになってから何年経ったでしょうか? 集めていたわけではないメルシー券。 東京に行くたびに用意して持ち歩くわけでなし、使うことがなかったから増える一方でした。 今後絶対に使うことはないけれど、なんだか捨てられない、そんなモノのひとつなのです。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

RESARE PREMIUM TYPE コクヨS&T(株)

 「特殊発泡体とイレースポリマーのツイン構造による特殊製法」「高レベルの消字性」「軽い力でサラッと消せる」「消しクズがまとまる」  と、消しゴムに巻き付いている紙に書いてある。  まー、消しゴムなんてものは、みんなだいたいそんなふれこみなのヨ。  なんて思って使ってみたら、これがまァよく消えること!  消しクズもまとまる、まとま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

uni COLOR 240 LIMITED EDITION 三菱鉛筆(株)

 この240色の超絶色鉛筆セット、シリアルナンバー入りの木箱に収められて高級感満載です。  色鉛筆として使うよりも、コレクションアイテムとしてそのまま飾っておきたい気がします。  この240色セットは父の所有物だったのですが、その父が酔っぱらっているときに、私の娘がうまいこと譲ってもらう約束をしてしまい、まんまと我が家に持ち帰った次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hi-uni Art Set 三菱鉛筆(株)

 開発は1950年代前半。  「濃く(B=Black)て硬い(H=Hard)理想の鉛筆」をつくるため、材料である粘土や黒鉛を超微粒子化。  1960年代高度経済成長期、世界最高水準の鉛筆が日本に誕生しました。  それが日本の高級鉛筆「ユニ」。  開発者達は「世界最高」に満足することなくその先を求め、ユニの超微粒子を極限まで高密度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トレペメモ 伊東屋

 トレーシングペーパーでできたメモ帳。  あらかじめカットされたトレーシングペーパーとして利用するのも便利。  メモをとってそのままノートなどに貼ると、下の文字が透けてなんだかカッチョイイ。  これを付箋のように使って資料に注釈などいれると、かしこい人と思われそう。  ただ紙はあくまでトレーシングペーパーなので、鉛筆との相性はい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more