台車RC

 以前、職場の上司らとハマった電動飛行機(といってもオモチャに毛の生えたようなものですが)。  全員素人なので、4時間遊ぶうちの5分くらいがフライト時間、墜落機の捜索に30分、あとは全部修理時間・・・それがとても楽しかったです。  平成の世の中ともなると、ラジコンも多種多様、夢のようなラインナップです。  価格はピンキリで、高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塚田農場

 「鹿児島県霧島市 塚田農場 伊勢崎店」。  飲み屋ちっくですが、食事がイケルのです。 お通しに、キャベツと胡瓜に特製味噌。  特製味噌は帰りがけに容器に入れてプレゼントしてくれました。  「空いた容器をもってくればまたサービスします」とは、なかなか気持ちの良い商売上手っぷり。 お店イチオシの「黒さつま鶏炭火焼」。  もちろんイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男の子は自らの狩猟体験で命の重さを知る。

 ザリガニを捕りたいと長男。  小学校の観察の授業?で必要なので、何か生き物を捕獲して学校へ持っていくとのこと。  小雨の中、近所の用水路をさがしたけれどザリガニ発見に至らず。  河川敷へ行くと大型のアオダイショウを発見。  逃げるアオダイショウを追い詰めると鎌首をあげて尻尾を震わせ臨戦態勢に。  しかし捕獲してみると観念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜日、娘とスタバでブランチ

 娘はスタバの「フィローネハム&マリボーチーズ」が大好き。  飲み物は「マンゴーパッションティーフラペチーノ」。  「日曜日はパパのバイクでスタバに行ってブランチ」という週末スタイルが娘の狙いです。  今日は娘の誕生日。  ので、ご要望どおり、スタバでブランチしてきました。  娘は件の二品を注文。  私が注文するのは、冬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とびだすカード

 息抜きにとびだすカードを作ることがあります。  机上の道具で作れるので、深夜に及ぶデスクワークなどでは気分転換になるのです。  で、来週末は娘の誕生日。  プレゼントは用意しましたが、それだけでは私のサービス精神は満たされません。  娘のためにとびだすカードを作ってみました。  名刺を使って一点ものを作ることが多いの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バイクでお散歩

 「パパのバイクで上里イオンまで行くー」  「足がもっと伸びたらね^^」  娘がまだ小学1年生の頃に交わした約束です。  600ccのバイクでは、乗り慣れていない子どもを乗せて走るのは、正直コワイのです。  あらぬ挙動で落っこちちゃうとか、居眠りして落っこちちゃうとか。  でもしかし、昨年125ccのスクーターに乗り換えた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

机上の癒し

 長女は、小さい植物をペットのように育てます。  自分の手元に置いておけるモノですから、愛着もあるのでしょう。  なんとなくその気持ちはわかります。  職場でのデスクワークが多くなった私に、小さい観葉植物を選んでくれました。  癒し効果はいかがなものでしょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんばれ前橋!中央通りをまっすぐ歩かせるな!

 「県都 前橋 糸の市(まち)」(上毛かるた)  前橋市は群馬県の県庁所在地であり中核市なのです。  私が少年の頃の市街中心部には、前三(前橋三越)、西友、スズラン、ニチイ、長崎屋といった百貨店・大型スーパーがあり、その他専門店がひしめき合っていたのです。  大変な人混みで、特に中央通りアーケード商店街は、まっすぐ歩くことなどでき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

娘のプレゼント

 娘が、私が職場で使うためのマグカップをプレゼントしてくれました。  今年はデスクワークが多いから、粉末コーヒーでも用意しとこうかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

義母の庭

 妻の実家の敷地の一部には、義母の手入れが行き届いた花木が植わっています。  この花木を見る度に、義母の誠実な人柄を知るのです。  時々花をいただき、我が家の庭に植えるのですが、なかなか義母のように手入れができません。  きれいな庭を維持するには、日頃からマメな手入れが欠かせません。  ですから、きれいな庭の家は、家人が在宅がち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウニクス上里

 ウニクス上里に行ってきました。  車でならば、上里イオンからチョロッと行ける程度の距離です。  ここの「ユナイテッドシネマ」は時折マイナー映画を上映するし、超満員になることもないし、何もやることのない休日に重宝するのです。  くまざわ書店とタリーズコーヒー、ヴィレッジヴァンガードもあるので、半日過ごすには十分でしょう。  今日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いまさらですが、庭で春を発見。

 久しぶりに土日をゆっくりと休みました。  そして久しぶりに我が家の庭を眺めてみると、いつぞやの強風で木が1本倒れていました。  その隣には胸を張って立ち枯れしている、勇猛な最期を遂げた1本。  さらにその周囲には、やっと気付いたかといわんばかりに、若葉が吹き出し、花々が咲いているのでした。  我が家に咲いている芝桜の白いヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんばれ上里イオン 5

 パフェを食べたいという長男と、上里イオン1階レストラン街にある、和食と甘味処の「かんながら」へ。  毎週のようにくる上里イオンですが、このお店で食べるのは実はまだ2回目。  上里イオン内で食べるのは、隣にある回転寿司「海鮮三崎港」や、2階のフードコートにあるたこ焼き「元天ねぎ蛸」くらいでしょうか。  あとミスド。  我が家が上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌先温泉 湯主一條

 埼玉県で働いていたときの上司が数年前に定年を迎え、ご夫婦で宮城県白石市に暮らしておられます。  一緒に働いていたときの約束「白石まで遊びに行きます」を果たすべく、昨年の夏に家族を連れて行ってきました。  一人旅ならば予約なしで行って、見知らぬ現地で宿探しの醍醐味を味わうのですが、家族連れともなると宿の手配は必須です。  ご当地の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

純醗酵ウコン茶

 太田市で働いていた頃、ジョイフルホンダ新田店で発見したのが始まり。  何故ウコン茶を飲もうと思ったのかは記憶にありませんが、これを飲んでみて、美味い!と思ったのです。  ホントに美味いのかというと、ひょっとしたら疲れた身体に美味かっただけなのかもしれません。  ともあれ、美味いと思ったものだから、ちょっとしたマイブームとなったわ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

佐野らーめん「天元」

 「何か食べに行こう」と言うと、妻も子ども達も「天元」と言う。  決してグルメではなく、食べ物の好みがチグハグな我が家一同ですが、「天元」のラーメンはみんな大好き。  栃木県佐野市界隈で発掘のアルバイトをやっていた頃、ご当地グルメの佐野ラーメンを食べ、なんと美味しいラーメンかと思ったものです。  とはいえ、今では「佐野ラーメンを食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マカロン

 「マカロンとは?」という素朴な疑問が湧きました。  職場の女子職員に質問してみました。  「周りはサクサクで、中はネチャネチャ」、「フワフワではなくて、カリッサクッでもなく、何か挟んである」。  職場の女子職員一同はみんな頼りになる同僚で、問題に対しては簡潔明瞭で的確な解決策、アドバイス又はヒントを示せる優秀な人ばかり。  し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

がんばれ上里イオン 4

 群馬のご当地アイドル「AKAGIDAN」(AKG)。  娘と上里イオンを歩いていたら、AKGのミニコンサートをやっていました。  上里イオンは埼玉県であるものの、群馬とは不可分な立ち位置ですものね。  AKGを知らない私と娘は、「元気な小学生達が歌って踊ってる」くらいにしか思わなかった。  しかし客席ど真ん中あたりに陣取ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

娘のご利益

 どーも先々週あたりに娘の風邪をもらってしまい、治らない。  若い頃にあまり風邪をひかなかったせいか、ここのところ一度風邪をひくと治らない。  昨日は朝から頭痛がひどくて一日中寝ていた。  ご飯を食べる元気のないパパに娘が持ってきたのは、娘が焼いた手作りクッキー。 「これはご利益があるじゃろう、風邪も治るじゃろうと思うて食べてみた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鋼鉄金庫

 日本橋は三井記念美術館の通路にあった金庫(書庫扉)。  厚さ25.4cm、重さ約8t、周囲は頑強なコンクリート壁、と、説明書きが添えられています。  この鉄の塊、この鉄の仕掛け。  その頑強で重厚な佇まいからは絶対の信頼と男のロマンを感じるのです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京に行ってきました後編

 一夜明けて日本橋。  三井本館、この建物はなんとも威厳があるのです。  東京ですなー。 都会ですなー。 すごいですなー。 せっかくだから三井記念美術館に立ち寄ったところ、「三井家のおひなさま」という催しをやっていました。  いやー、素晴らしい。  人形職人さん達の魂を感じます。  その輪郭、その表情、どれだけの執念を傾注すれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京に行ってきました前編

 月島でもんじゃ焼きが食べたい!  と誰かが言い出し、娘と私の風邪が心配だったけれど、一泊二日で東京に行ってきました。  今回は妻の引率にダラダラとくっついて歩く東京ぶらり。  最初は築地へ。  築地に限らず、メインの通りよりもちょっと裏の通りがいいかんじ。  市場は休みだけど、人はいっぱいいました。 妻が食べログか何かで見つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピールフォーム

 ドイツの玩具メーカー「スピールフォーム(Spielform)」。  1964年に設立された同社の製品は、素朴で優しい印象の手作り木製玩具。  前橋市の中央通りにある「黒田人形店」でスピールフォームの小鳥たちを見つけた妻は、もうすっかりスピールフォームに夢中です。  主な商品である100種類を超える動物たちは、そのほとんどに親子サ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんばれ上里イオン 3

 毎週のように行くけれど、何度行ってもくつろげるイオンです。  お客様よりも店員さんのほうが多いのではないかと思われる空間が、なんともいえぬマッタリした空気を醸しだすのです。  新春特別企画のようですが、今日は建物の中をちびっ子列車が走っていました。  無人の野を行くが如く、悠々と。  人混みとは無縁の上里イオンならでは。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LUSH

 長女の最近のブームは入浴剤。  いつもは上里イオンに行く我が家ですが、今日は高崎イオンに行ってきました。  やっぱし広いですねぇ・・・でも上里イオン好きです。  高崎イオンで目指すのは、長女がお気に入りの「LUSH」という自然派化粧品や石鹸のお店。  同店人気NO.1の「みつばちマーチ」という石鹸や、長女が欲しがっていた「アボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野のガード下

 東京に出張だったので、アメ横で一杯ひっかけるわけです。  ガード下あたり、なんとも落ち着くのです。  いつまでもこの雰囲気を残してほしいのです。  いつもお客様で賑わっている昭和37年創業の珍々軒も、いつまでもこの場所で頑張ってほしいのです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

kadoya cafe

 以前は「男の行くところじゃない」などと言って、全然行くことのなかったカフェ。  最近、ステーショナリーを配置した洒落た店舗が増えていることをネットで知りました。  加齢とはオソロシイもので、若き日に培った羞恥心や思い込みを平然と払拭してしまいます。  今では定食屋やラーメン屋のように一人でも平気でカフェに入れる。  それどころ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バドワイザー

 職場の人達と東京に行った際、朝から電車内で飲んだビールは美味かった。  今日は仕事しないぞ!という強い意思表示。  仕事に対する焦燥感からの解放。  味ではない。 朝から飲むことが美味かった。  ビールの味はあまりわからないけれど、バドワイザーが好きなのです。  いつの間にか、ラベルが変わっていました。  ビールは味で勝負…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマハFZ6 Fazer S2

 美しいデザインだと思います。  意のままに曲がり、運転が上手くなった気になってしまうバイクでした。 原付免許を取得したのが高校1年の夏休み。  当時は原チャリでツーリングを楽しんでいました。  高校を卒業後は自動二輪の免許を取得し、親戚に譲ってもらったGPZ400Fに寝袋一つを括り付けてどこまでも。  以降、何台も乗り継ぎまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステーキ屋 甚

 長男が小学生になったお祝いに、何か食べに行こうかってことに。  ラーメンとか回転寿司を想定していたのに、長男のリクエストはステーキ。  そしてどこでどのように話が展開したのか、前橋市の老舗ステーキ「甚」で昼食となりました。  目の前でカッコ良く焼いてくれるパフォーマンスに長男もご満悦の様子。  無理した甲斐がありました^^ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藪蕎麦(池の端)

 「藪蕎麦(池の端)」。  こちらの「藪蕎麦」はそれほど混むでもなく、子連れでも落ち着いて食べられます。  蕎麦が来るまでに、まずは蕎麦焼酎(クマザサ入りのそば湯割)を鴨抜きと板わさで。  どこの支店で食べても藪蕎麦のつくねは最高^^ その後出てきたのは、娘も思わず「このザルひっくり返しだよ?」と言ってしまう盛りつけの蕎麦。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんばれ上里イオン 2

 いつものように上里イオンに行くと、年末バーゲンをやっていましたが、相変わらずの雰囲気に和みました。  「1階レストラン通り」の一画にある「休憩所」のソファーで自販機カップコーヒーを飲みながらマッタリ。  ほんとにくつろげます、上里イオン。  有り難いことに、このHPを読んで上里イオンにお出掛けになったご家族があります。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひな野(高崎店)

 高崎市の「ひな野」は、自然食ビュッフェのお店です。  食べ放題のくせに、とても美味しい。  このお店の焼き魚と、蒸し野菜と、杏仁豆腐の大ファンです。  野菜をこんなに美味しく食べられるお店を他に知りません。  食べ放題は大好きなのですが、なにも食べ放題でなくてもよかったのではないかと、例外なく最後に後悔します。  ヒトとはそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんばれ上里イオン 1

 高校生の頃、上毛電鉄中央前橋駅へ行き、今はなき上電プラザでよくボウリングをしたものです。  老朽化のため波をうっていたレーンはトリッキーなラインを生み出し、予測不能な球の行方がゲームをエキサイティングなものにしました。  自転車ごと乗車できる画期的なシステムを採用したローカル鉄道「上毛電鉄」。  県都前橋にあって「中央」を冠する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忠治茶屋本舗

伊勢崎市にある「忠治茶屋本舗」。 職場の上司が「日本一美味い焼きまんじゅうを食べさせる」として強く推薦するお店です。 「焼きまんじゅう」は、餡のない酒まんじゅうに甘辛いミソダレを塗ってふっくら焼いた群馬の郷土食。 県外の方には好き嫌いのはっきりする食べ物ですが、先入観なく食べればなかなか美味しいものです。 店内で食べると、一串(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十紋字

 前橋市にある甘味処「十紋字」。  このお店に初めて行ったのは、まだ就職して間もなき頃。  以来、毎夏、ここのかき氷が楽しみなのです。  「十紋字」のかき氷は、絶妙な凍り具合の氷を、世にも素晴らしく美味しい食感にかき下ろした、極上のかき氷なのです。  私のオススメは、コーヒーミルク(コーヒーシロップに練乳かけ)とカルピスミルク(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道路工事の風景

 「道路工事現場で行政機関と信号工事業者が打ち合わせ中の風景」(1/150)  新しく作っている工事中の道路が好きです。  出来ればそのままの状態で歩行者に供用してほしい。  そんな道は不思議とどこまでも歩いて行ける気がします。  あちこちで道路整備がすすんでいますが、幹線道路など開通しますと、それまでの景色も、車や人の流れもガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BENNY号 丸紅山口自転車

 「ベニー号」に使えそうなパーツがあるとの情報を得たことから、栃木県足利市へ。  足利学校のすぐ近く、「サイクルショップ サカイ」へ行くとそこにあったのは、なんと山口自転車の新品パーツ!  40年近くビニールに巻かれたままの姿でいました。  前後輪の泥よけをセット5,000円。  どこかにBENNY号の新品サドルが売ってないかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホンダZハードトップ

 2010年5月16日、群馬県の名湯「伊香保温泉」界隈にある「おもちゃと人形自動車博物館」に行ってきました。  目当ては、軽自動車(360cc)のミーティング。  ノスタルジックカーと呼ばれる、昭和30年代後半から昭和40年代くらいの車が大好きです。  特に小さい車が好きで、スポーツカーよりも商用車、商用車よりもファミリーカーに興…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOOTHPICKS (?)

 真鍮でできたこの物入れ、「TOOTHPICKS」と蓋にあります。  底には天秤マークに「STATIONERY TOOLS」とあります。  MADE IN INDIA と思われます。  ほどよい大きさと重量です。  中には、ゼムクリップを入れています。  毎日のように使うクリップ、机に磁石をつけてジャラジャラと連鎖させていたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロックバックナイフ Sheffield

 刃物の類は男心を刺激します。  子供の頃から刃物が好きで、アメ横に行っては刃物を眺めてウットリ。  刃物にも用途によって様々な形状があります。  日本でお馴染みのカッターナイフは、「切る」「裂く」「割る」「削る」「えぐる」「彫る」といった用途のなかで、「鋭利に切る」ことを主な目的としており、事務用品の中でも使用頻度の高いアイテム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万能ハサミ ファクトリーギア DEEN

 工具屋さんが作ったハサミ。  刃は耐食性・耐摩耗性などに優れているモリブデン・バナジウム鋼製。  とにかくよく切れる。  柔らかいもの、粘着材の付いているものも難なく切れる。  刃につけられた溝がミソ。  同僚のS君、趣味は工具。  使うのではなく、収集が趣味。  磨いて眺めてウットリしている。  工具には男の魂を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インクボトル型シャープナー メタルシャープナー革ケース付き DUX

 鉛筆削りもいろいろありますが、ハンドルを回す手動式のものが欲しいのです。  でも良いモノは値段が高いし、場所をとるし、そもそも鉛筆はあまり使わないし。  ドイツの老舗、鉛筆削り一筋のDUX。  機能良し、値段良し、デザイン良し、大きさ良し。  インク瓶型のシャープナーはデスクを彩る洒落モノですが、鉛筆を差し込めば凶暴な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩崎の日本剃刀本刃付 三条製作所

 鋼の良し悪しは純度で決まる。  不純物の少ない世界一優れた鋼が、日本刀の材料に使われる「玉鋼」。  その「玉鋼」で鍛造した日本剃刀。  は、いつか見てみたいモノです。  写真のこれはスウェーデン鋼で鍛造した日本剃刀。 上野の老舗刃物店「菊季刃物店」に飾られていたこの剃刀を一目見たときから、もうメロメロです。  いつまで眺めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイトリック 尾張時計(株)

 蝿獲器「ハイトリック一號」。 大正時代に発売が開始されたモノらしいです。 酢や酒に砂糖を混ぜた餌でハエを誘き寄せ、金網に生け捕りするという、ゼンマイ駆動の超絶マシンです。  当時はけっこうなヒット商品になったそうです。 娘と一緒に私の実家へ行った際、父が嬉しそうに見せてくれました。  手入れをしてあったのか、しっかりと稼動します。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グラフィティ パッド (株)TBM

 環境・エコに優しい、石からできたストーン紙「Keeplus」。  ストーン紙とは、「原料に木材チップやケナフなどを使用せず、石灰石から抽出した無機鉱物粉末から作られた次世代の紙」だそうです。  森林伐採の必要がなく(森林資源保護)、製造過程で水をほとんど使わない(水資源保護)、まことに環境に優しい紙。  しかしエコなだけの紙では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャップレスデシモ (株)パイロットコーポレーション

 プラチナのデスクペンは重宝しています。  安価でいながら「しなり」のあるペン先は、極細から1.0mmくらいまでの豊かな線を描き出します。  万年筆のキャップをクリクリ回し外してペン先を出す所作に憧れるわけでなく、手帳に記載するにあたってはデスクペンのような極細のペン先が理想であり、デスクペンのある限り、万年筆を使うことはないと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東屋のメルシー券

伊東屋のメルシー券が、メルシーカードになってから何年経ったでしょうか? 集めていたわけではないメルシー券。 東京に行くたびに用意して持ち歩くわけでなし、使うことがなかったから増える一方でした。 今後絶対に使うことはないけれど、なんだか捨てられない、そんなモノのひとつなのです。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

RESARE PREMIUM TYPE コクヨS&T(株)

 「特殊発泡体とイレースポリマーのツイン構造による特殊製法」「高レベルの消字性」「軽い力でサラッと消せる」「消しクズがまとまる」  と、消しゴムに巻き付いている紙に書いてある。  まー、消しゴムなんてものは、みんなだいたいそんなふれこみなのヨ。  なんて思って使ってみたら、これがまァよく消えること!  消しクズもまとまる、まとま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

uni COLOR 240 LIMITED EDITION 三菱鉛筆(株)

 この240色の超絶色鉛筆セット、シリアルナンバー入りの木箱に収められて高級感満載です。  色鉛筆として使うよりも、コレクションアイテムとしてそのまま飾っておきたい気がします。  この240色セットは父の所有物だったのですが、その父が酔っぱらっているときに、私の娘がうまいこと譲ってもらう約束をしてしまい、まんまと我が家に持ち帰った次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more