ぶんぐがんぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS りんむ部10

<<   作成日時 : 2018/09/19 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ボランティアの諸先輩方からBBQのお誘いを受けました。
場所は諸先輩方が入っている抜開エリア。
我らの野営料理も召し上がっていただこうと、鍋やダッチオーブンを持ち込んでみました。
この日はIさんがご子息のkくんを連れての参加でした。
kくんは私の林業の師匠Sさんの奥様と一緒に巨大な鉄板で料理を作っていましたが、おばあちゃんと孫が野外料理をしているかのような姿にほっこりします。
画像
画像
画像
楽しくBBQを催し諸先輩方がお帰りになった後は、そのままキャンプに移行です。
男の子が身につけておくべき野営技術などを長男に教えられなかった悔いを残す私としては、kくんにその機会を与えたいと思い、ナイフを手渡してみました。
kくんは期待に応えて【使ってみる→自分の血を流す→危険を知る→安全な使い方を身につける】という過程を誰に教わるともなく修得するのでした。
男の子が刃物の扱いを覚えるとはそういうことでしょう。
ただし、指を切ったのはすべて私の責任です。ゴメンね。
画像
画像
BBQで余った食材や大量の飲み物をいただいたので、盛大にキャンプで食べ続けようと思ったのですが、どうもこの日は集まりが悪く、既に作った鍋物などが食べ切れそうにありません。
応援を求め、入れ替わり立ち替わりやって来た仲間たちの活躍でなんとか消化できました。
21:00過ぎのこと、誰もいないはずの河原から、道もない荒地を通り抜け、まっすぐに我らの野営地に向かってくる小さな灯りがあったのです。
ちょっと恐怖を感じていると、その男、Mくんでした。
翌朝から仕事を控えているのに、よくぞ真っ暗闇のなか来てくれたものです。奥さんに怒られなかったかな。
画像
画像
まだ我らのキャンプには時期が早かったのですが、もうすぐシーズン到来の予感がする静かな野営地でした。
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
りんむ部10 ぶんぐがんぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる