ぶんぐがんぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨キャンプ

<<   作成日時 : 2017/10/31 17:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 寒くなってきました。
 ようやくキャンプシーズン到来です。
 同僚とキャンプをするときは、自由に集まり自由に過ごし、自由に帰ることを大事にしています。一応。
 開催日だけ決めて、テキトーに声掛けして、時間も持ち物も決めず、誰が来るかも確認せず、その日にキャンプをしようと思った勇者だけが、それぞれの都合のいい時間にテキトーな荷物を持参します。
 無計画と自由はテキトーな枠の中で融合しています。

 昼近くまで曇天でしたが、やはり台風の影響で雨が降り出した土曜日。
 雨よけのタープを張り、まずはコーヒーを一服。
 この雨の中、誰か他に来るものだろうかと思いつつも、目印となる黄色いとんがりテントを設営。
画像
 暇なので、何人来るか、または誰も来ないのかわかりませんが、野外炊さん開始です。
 酒だけで煮込んだもつ煮鍋と、洋風炊き込みご飯。
 これは一人じゃ食べきれぬ、と思っているところへ勇者が集まりだし、丸鶏や高級ソーセージなどもメニューに加わりました。
画像
画像
画像
画像
画像
 人が集まるとタープも増え、雨が降っていてもタープの数だけ居場所が出来ます。
 タープの設営も自由で無計画だから、テキトーに近接して設営して、ロープがメチャクチャに張り巡らされました。
 何かの罠かってくらいの足元にロープ、夜はうかつに歩けない。
画像
 この日は家族連れ参加もいました。
 ご家族の皆様、お足元の悪い中、ようこそお越しくださいました。
画像
画像
画像
 雨が降り続きますが、こんな日に夜からの仕事が入ってしまった同僚らが野営地から戦場へと向かう頃、ランタンの灯がイイ具合に辺りを演出します。
 雨音をBGMにランタンの灯りで過ごすタープ下もオツなものです。
 まだ誰か来るかもしれないので、目印のとんがりテントに灯を点してキャンドルテントにしておきます。
画像
画像
 キャンプはこれといってやることがなく、特に雨の日などは薪拾いにも行かず、退屈します。
 やることがないので、ずーっと何かを作っては食べてばかりで、お腹も空きません。
 しかしそれでも、暗くなれば静かに宴が始まります。
 天ぷら職人の創作天に舌鼓を打ち、雨のフィールドに残った勇者一同はそれぞれのテントで雨音を聴きながら爆睡しました。
画像
画像
画像
 野営地では日の出とともに目が覚めるもので、薄暗いうちからテントから這い出て、まだ眠っている同僚達のために火を熾しつつ、寝坊スケには味わうことの出来ない、極上のモーニングコーヒーを独り占めです。
 これは完全に夜が明ける前の、ほんのわずかな時間しか味わえないのです。
 キャンプ場で一番美味いコーヒーはコレだと思うのです。
 雨は降り続いているけれど、なんと優雅で贅沢なひとときか。
画像
画像
 雨は一向にやむ気配がありません。
 我らが集落はまだ静かに眠っています。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨キャンプ ぶんぐがんぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる